Hisakazu Hirabayashi * Official Blog言葉

ひねくれ者のお詫び

  • Day:2011.11.18 04:42
  • Cat:言葉
昨日。

ところで出世欲という言葉はあるけど、能力を上げたい……の欲ってなんだろう?

なんて問いかけをしたら、おもにFacebook上でのことですが、皆さまにお知恵をしぼっていただきました。

向上心。
向上浴
野心。
全能感。
大志……等々。

賢明なるご示唆をいただきました。
どうもありがとうございます。

ところで「ふざけるな!」という話ですが、私はご存知のように天の邪鬼でございまして。
出世欲に対抗するほど、ピタっと来る言葉はない。

われわれはそういう社会、言語文化圏に生きているのだ、ということを逆説的に表現したかったのであります。

どんなに考えても解はないでしょう。
「解がない」が、きっと「解」です。

私は問いかけの形式を使って「出世欲」はあったとしても、その基盤となる個の能力を高めたいが欲求を示す語がない言語文化圏にいる。

……ということを自覚せねばならない、と述べたかったのであります。
能力があると出世の妨げになること、なきにしもあらず。

メジャーどころでは「出る杭は打たれる」
マイナーですが「大木は風に折らる」「誉れは毀りの基」「高釘必ず打たるる」「喬木は風に折らる」「高木は風に嫉まる」

そんな言葉はいくらでもあるんですがね。

で、困るに困って、坂口安吾大先生は思わず「大きな魂は大きく悩む」とツイートしたのでしょうね。
当時、Twitterはなかったですが。

お騒がせしました。
お知恵をいただいた方に、ひねくれ者が、お詫び申し上げております。

アイコン
posted by Hisakazu Hirabayashi

Twitterはコチラ。Facebookはコチラ。メールフォームはコチラです
スポンサーサイト

言葉の壁

  • Day:2011.10.27 00:17
  • Cat:言葉
ザ・インタビューズというサイトがあります。
ここでインタビューされると、マジメに答えてしまいます。
ほかの人の回答と比べてみると、私の回答は長いみたいです。
つい先程、長い回答を書いたので、横着をしてブログに転載することにしました。


【質問文】
-これまでに「言葉の壁」の厄介さを痛感するような体験はありましたか? もしあればお聞かせください。


言葉の壁は感じるどころか寝ても覚めても考えていることです。
最初に感じた言葉の壁。
言葉は言葉の土台となる共通理解がないと通じないものです。
その共通の理解がないために誤解されたり、意図が通じなかったりして悩んだものです。
(中学時代から現在も、たぶん一生)

次に感じた言葉の壁の厄介さは怖さに通じます
言葉を「つままれる」恐怖に怯えた時期に突入しました。
これはインタビューや取材をされるようになってからのことです。
(28歳で独立してから現在も、たぶん一生)

こうしていつまでも言葉の壁で悩んでもしかたないので、うまくつきあう方法を考えました。
言葉ごとに壁の高さを考えるのは、なかなか楽しいことです。

【カテゴリー1】


カレーライス


これらは壁が低いですよね。誰でもわかるし誤解も生まれにくい。

【カテゴリー2】

USBメモリー
無線LAN


これは基礎知識がある人同志ならば誤解は生まないけど、70歳を過ぎた私の母親には、さっぱりわからない。壁はあるけど、使う場面を間違わなければいい言葉たちです。

【カテゴリー3】

人生

幸福
神様
社会
エコロジー
愛国心
金儲け


これらは受け手の価値観によって理解の仕方が変わります。
壁が高くなりました。扱うのが難しいです。

【カテゴリー4】

壁が一番高いのは、【カテゴリー2】【カテゴリー3】のかけ合わせ。
具体性と抽象性をあわせ持った、かつ時代によって意味の変化する言葉たちですね。

原子力発電
市民運動
ヘッジファンド
日中関係
マスコミ

ゲーム業界
プラットフォーム
ソーシャルゲーム


などです。

で、これら高さを考えながら言葉を連ねていくと「ああ、書くこと自体が言葉の壁をつくることなんだ」という心境になります。

富士には月見草がよく似合う。(太宰治)
神はサイコロを振らない。(アインシュタイン)

この2文。
すごい壁の高さです。

富士に合うのは月見草より、夕焼けだよ、バーカ。
神がサイコロを持つわけないだろ、バーカ。

このバーカの反論を、書くまえに考えてしまうと、平凡で臆病な書き手となってしまいます。
なので、私は言葉の壁を恐れるのではなく、言葉に壁があるのは当たり前のこと。
その壁が崩れてくれたら、つまり意味が通じてくれたなら、うれしいなと思えるようになれるよう、自分の思考回路の組み直しをしているところです。
(4年まえから現在、たぶん一生、この訓練を続けることになるでしょう)

Wall_Brandenburg_Gate.jpg
*写真はクレーン車がベルリンの壁を壊しているところ


アイコン
posted by Hisakazu Hirabayashi

Twitterはコチラ。Facebookはコチラ。メールフォームはコチラです

ゲー

  • Day:2011.10.25 00:41
  • Cat:言葉
僕はゲームのことを「ゲー」というのが嫌いなのだ。
しかたなく、「洋ゲー」「格ゲー」と書かかなくてはいけない場合がある。

こういうとときには「いわゆる」をつけてゲームを「ゲー」と呼ぶ罪から逃げることにしてきた。
「いわゆる」とつけておけば、私は言ってませんけど、世間様は言ってます‥‥の意味を帯びる。
罪を他人のせいにする小狡い奴なんだ、僕は。

モバイルゲーム。
略してモバゲーだ。

このモバゲーという呼び名は是認してきた。
「モバイルゲームTOWN」なんて言いにくいでしょ。
それに他者が言ったのではなくて、自らがつけたネーミングだから「洋ゲー」「格ゲー」とは生い立ちが違う。

でも、プロ野球球団の名前としてはどうなんだろう?
ヨコハマモバゲーベイスターズって言いにくそう。
ハンシンタイガースのようなキレがない。
単なる慣れの問題かもしれないけど。

2011-10-24 18.22.32

「モバゲー」の呼び名は認めているのだけど、来年のプロ野球が開幕したら、連日テレビでゲームを略した「ゲー」を見たり聞いたりするのか。
ちょっと寂しいよ。

そして球団名になったのに、「いわゆる」横浜モバゲーベイスターズなんて書いたらバカだしなー。
もう、この小狡いテクニックは使えなくなる。

「ゲー」。
気にしない人は気にしないけど、僕にとっては非常に気になる2文字。

アイコン
posted by Hisakazu Hirabayashi

Twitterはコチラ。Facebookはコチラ。メールフォームはコチラです

反動の反動

  • Day:2011.06.14 17:36
  • Cat:言葉
意味があるのか、ないのか。
習慣になってつけているノートがあります。

名詞があります。
名詞のあとに「の」と書きます。
そのあとに、また元の名詞を書き加えます。

すると、

夢の夢。
評価の評価。
雑誌の雑誌。
応援の応援。
嘘の嘘。
父の父。
映画の映画。
意図の意図。
絵の絵。
ブログのブログ。

‥‥といった言葉の羅列ができあがります。

道路信号で、予告信号ってありますよね。この先の信号は何色かを示す。
あれは「信号の信号」です。

これ、つくるのが簡単そうで難しい。
今、パソコンの前に座っているので、身の回りの名詞を並べると。

マウスのマウス。
目薬の目薬。
名刺入れの名刺入れ。
ShiftキーのShiftキー。

どれも言葉として成立しません。
でも、

ディスプレイのディスプレイ。
‥‥はありかもしれない。そんなことを考えてます。わりと。いつも。

E3から帰ってきて、人間のカラダって不思議なものですね。
E3的なものを遠ざける日々が続いていました。
アメリカ的な食事、長時間のゲームプレイ。
TwitterやFacebookにログインする頻度も減りました。

反動です。

でも、先ほどですが「反動の反動」が起きたようです。
今日はこれから外出しますが、明日から再びE3を反芻して、一旦クールダウンした状態で原稿を書いてみようかと思います。書く意欲が高まってきました。

無断転載を禁止しません

  • Day:2011.04.15 01:34
  • Cat:言葉


「ゲームの文章術」・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第15回
http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=3501

で、上記のスライドを使いました。
基本中の基本しか書いてありません。
本当は、書きたいことがいっぱい、込み上げるものもいっぱいあるので、建てつけ(企画構成)を新入社員研修風にしたのですね。

slide shareのプレゼンテーションでは見にくいのですが、2ページ目以降のフッターには「無断転載を禁止しません」と書いてあります。皆さまがたのニーズに合わせてお使いください。

ゲームソフトの紹介文。
もとをたどれば、少年マンガ誌、児童誌の二人称をつかった威勢のいい表現文化。

「世界を救うのはキミだ!」

それとコンピュータ雑誌のカタカナ表現文化。

「セーブ」「マップ」「チャート」「プレイモード」「アーケード」

これらが混ざり合ったのが、80年代のゲーム専門誌の黎明期だったわけで、それを今でも少なからず引きずっているのでしょうね。

新しい言葉でゲームを語りたい。
そんなことを書いたら、私にブーメランが飛んできましてね。
さきほどまでソフトの紹介文を書いていました。

ちょっと強引に操作方法の説明で「艶めかしい」と書いてみましたが、果たしてそれで良かったのかどうか。取材したら外の物語に帝政ロシアのおもしろい話題があったのですが、これは難しすぎると判断してカットしました。果たしてそれで良かったのかどうか。

頭がボーッとしています。

あ、なんだかだらだら書いてますね。
締めます。
スライドには「無断転載を禁止しません」と書いてあります、ということをお伝えしたかったのでした。
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。