Hisakazu Hirabayashi * Official Blog自分メモ

世の中には簡単な問題が満ちあふれている

世の中には難題が満ちあふれているわけではありません。
簡単な問題が満ちあふれているのです。
今ここに、10人中9人は正しく判断できる問題があるとします。
その簡単な問題を数字で表すと9/10、または0.9となります。
この数字は、正解を導ける確率が90%であると解釈することもできます。

++

じつに、簡単な問題。ですが、つづけて正解を導くことは難しいことです。
2回続けて正解するとなると、0.9の問題は0.81の問題となります。
正解確率は81%に下がりました。
もう少し計算を続けてみましょう。
1日に1回を7日間、1週間、簡単な問題の正解を続けることは0.4782969。
47%、つまり2回に1回も成功できないことを意味します。
簡単な問題は、正解を出し続けることにより難題に変化するのです。

++

1週間ではなく1ヶ月。30日の場合は0.9の30乗を計算します。
すると答えは0.0423911582752162となり全正解の確率は4%に激減します。
2ヶ月。60日の場合は0.9の60乗=0.00179701029991443です。
恐るべきことに正解の確率は0.1%になります。

++

あるビジネスマンが年間250日働いたとします。1日に1回、10人中9人は正しく判断できる簡単な問題を判断するとします。その場合、全正解の確率は何%になるでしょう?
0.9の250乗ですので、答えは0.0000000000003636029181。
その確率はなんと0.00000000003%になります。

++

世の中には難題が満ちあふれているわけではありません。
簡単な問題が満ちあふれているのです。
簡単な問題は、正解を出し続けることにより難題に変化しているのです。

アイコン
posted by Hisakazu Hirabayashi

Twitterはコチラ。Facebookはコチラ。メールフォームはコチラです
スポンサーサイト

キーワードをメモ

昨日のUSTは楽しかった。
自分が学ぶことが多かったし、「私」を媒介にして聞いてくださった方同士の交流もあった。
幸せ!

忘備録のようにキーワードだけ書いておこう。

第1部

■ゲームの途切れた樹形図

ローグトルネコの大冒険

後藤田正純

■3000坪クラスの大型アミューズメント施設

ザナック



R・TYPE



弾幕系シューティング



■緩急の差

■視点移動

斑鳩



■もし、ニンテンドー3DS『スターフォックス64 3D』が横スクロールのシューティングゲームだったら



DOOMとマップコンストラクション

キネクトPSムーブでシューティングをつくったら

■共有するFPS

第2部

■35歳と守破離

■幼児体験の経営と死から逆算した経営

■砂浜でつくった山のトンネル

太宰治芥川龍之介の死

スクウェア

ホリエモン

厄年佳節

グリー

丁稚

ロード・オブ・ザ・リングブッシュマンはストーリーが似ている。



JRPGとは何か。(宿題)

■もし、アメリカの会社がJRPGをつくったら。

とても濃密な、映画よりも長い2時間45分でした。
聞いて、参加していただいた皆さま、ありがとうございました。

アイコン
posted by Hisakazu Hirabayashi

Twitterはコチラ。Facebookはコチラ。メールフォームはコチラです

意到筆随

今、原稿を「書かなくてはいけない」ではなく、「書きたい」の気持ちに入ってきている。
プロゴルファーの用語でいう、「ゾーンに入った」感じ。この時間を大事にしたい。

自分は「義憤」という感情を持つと、筆が進むタイプ。本当はキーボードだけど。
珍しく意到筆随の感覚が天から降ってきた。

これがいいクセでもあるけど、まだ幼い証拠でもある。

「義憤」と言っても怒りは怒り。
怒りを原動力にしているうちは、まだひよっこ。
早くオトナになって、人の喜びのためになると、エンジンがかかる自分になりたい。
オトナ。感じで書くと大人。大きい人かぁ。




Twitterはコチラ。Facebookはコチラ。メールフォームはコチラです。

電子書籍があるなら電子読書も&いろいろ

思ったこと日記。

電子書籍(e-book)がこれだけ大騒ぎされるなら、電子読書(e-reading)の話題がもっと出てきてもいいと思う。iPadでページをめくるのも、そろそろ慣れっこにって、心と指先が次の革新を求めている。私が勝手に呼んでいる電子読書とは、電子だからこそできる楽しい、もしくは有益な読書法のこと。

私が考えた、今は秘密にしておきたい電子読書法で、中島敦と太宰治の作品を分析したら「ああ、名作ってこういう構造になっているのか?」という驚きがあった。

英語では文章を理解する目安として、学校教育年数(小学3年生レベルとか、大学1年生レベルとか)を数値化する、つまり数字が低いほうが読みやすいと判断する方法がある。この指数の名前が、なんだか風情があって「霧の指数」=Fog indexという。この概念は、うまくアレンジすると電子読書に活用できそう。

私はネットスラングが総じて好きではないけど、ネ申で神にするのは、かなり抵抗あるな。私はお盆に墓参りに行き、クリマスは教会に行き、正月は神社に初詣行くような人なのだけど。

そういうネットスラングがチャットやメールで飛び交うが『ブラウザ三国志』で私が属している同盟の人たちは、みんないい人たちだ。抜群のチームワークで戦い、上級者が初心者にやさしく教えてあげる文化がある。

民主党。昨日の軽井沢の会合、自分の反対勢力の会合をうけて、菅総理大臣のインタビューに対してのコメントがすごかった。「鳩山さんとは、いろいろな面でいろいろなことを相談していきたい」。この「いろいろ」は、なんの説明にもなっていない。苦し紛れであることだけが伝わった。

もし「いろいろ攻撃」が文章表現界で許されるならば、日本中のブロガーが、日記と称して「いろいろあった一日だった」とだけエントリーするのが、アリになってしまう。眞鍋かをりはいろいろあった、と芸能誌。読売ジャイアンツの連敗はいろいろなことがあったからだ、とスポーツ報知。

「いろいろあった」で思い出すのは清水義範の『国語入試問題必勝法』。この本は大笑いできる大好きな本だ。


国語入試問題必勝法 (講談社文庫)国語入試問題必勝法 (講談社文庫)
(1990/10/08)
清水 義範

商品詳細を見る

下っ端と満月

moon.jpg

昨夜の月でした。
午後9時まえ。
放映時には毎回観ているNHKの「日本の、これから」がニュースで中断した時間に撮りました。まるで、ペイントソフトで塗りつぶしたようですが、500mmの望遠レンズで撮影した写真です。

青空。
星空。
もいいけど、満月の空もよいものだと、しみじみと想ふ秋の夜でした。

ところで、「日本の、これから」の番組で……まあ、いろいろなことが語られた長時間の番組だったのですが、ある出演者の方は……国土交通省の方ですか、口癖とも思われ、何度となく「下っ端」(したっぱ)と言っていました。また、他の女性出演者の方も「下っ端」と言っていました。Twitterにも書きましたが、それが妙に耳に残りました。

なんだろう?
下っ端って。


多くの善良な市民が使う、「私のような下っ端の者が言うのもナンですが……」の前置きには、謙遜・謙譲の意味が込められているのは、よくわかります。わかるのですが、それが純粋な美徳に思えないのですね。ひねくれ者の私には。何かそこには、責任回避のようなものも漂っているように思えて。

お断りしますが、昨日の番組出演者の個人批判ではないです。
むしろ、「下っ端」と言うことが癖になってしまった、ある種の被害者なのではないかと、その加害者は誰だか、加害者というくらいだから、どんな罪をおかしたのか、わかりませんけどね。昨日は「下っ端」のことを気にしながら、満月を見上げていました。
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。