Hisakazu Hirabayashi * Official Blog2009年08月

立川談志、年内活動休止宣言

私の肩書きはいろいろあるが、一種の芸人みたいなもので、人前で話をする機会も多いから、立川談志は、我が心の師匠だ。

その立川談志が、糖尿病による体調不良のため年内の仕事をすべてキャンセルすると発表したそうだ。去年のサザンオールスターズの活動休止宣言に似た喪失感。朝から心がザワザワする。

何気ない言葉の端々に、強さと脆さと信念と不安が同居していて、聴いているだけで脳髄に響く。



「業者」と呼ばれてうれしいですか?

  • Day:2009.08.27 00:13
  • Cat:働く
Twitterで、なぜhttp://www.asahi.com/national/update/0825/TKY200908250384.htmlだけをメモしていたかと言うと、業者という言葉が、私は嫌いでならないからだ。

大きい組織に属する人が、小さな組織に属する人を見下した感じ。
高度な作業している人が、単純労働をしている人を見下した感じ。
そういう感じがしてしまう。

虫酸が走るというか、うーん、そうだ! お里が知れるという形容がピタリとはまる。それまで、流暢に敬語で話していたのに、「承知いたしました。それは業者に発注しておきますので……」なんて会話で締められると、ああ、やっちゃった、聞きたくなかった、という思いがする。

たった業者のひとことで、その人への印象は一気に悪くなる。
私が些細な言葉づかいに、過敏すぎるほどに過敏であることは認めるが。

かつて私は、非常勤取締役に就いていた会社で「業者の方は右手のドアに回ってください」と貼り紙をした社員がいたので、注意をさせてもらったことがある。「業者はやめて、お取引先の方に書き換えなさい」と。

書き換えたからといって、業績が伸びることはないのだが、その会社の品位を下げることを防げたと思っている。また、素直に指示に従ってくれた社員は、その後、言葉づかいが丁寧になってくれたのも、無形の収穫だと思えてうれしかった。

今回の気象庁と、ソフトウェアを開発した明星電気の問題とは別次元で、私は訴えたい。
業者というのは、そこで働く人の蔑視であり、働くことの尊厳を傷つける用語ではないかと。

感情的・感覚的なことを書いているようだが、論理的にもおかしい。

非常に理屈っぽい書き方をすると、発注=受注の関係は、支払う金銭と、享受する財やサービスが、等価であると双方がみなした際に発生する、上下のない交換行為のための関係である。

だが、発注者が優位的な立場にあると思い込むことが多く、罪の意識も疑問視もすることなく、業者、業者が常用されている会社は数知れない。また、業者は業者で業者扱いされることの抵抗感をなくしてしまっている。

ところで、この記事における業者だが、本文には気象庁の職員のコメントとして業者の文字は、一切載っていない。だとすると、朝日新聞の記者、または整理部が、つけた見出しなのだろうか?

それはそれで、言葉のプロフェッショナル集団として、いかがなものかと思うが、推論を重ねてもしかたないので、このへんでやめておく。

「業者」と呼ばれてうれしいですか?
「業者」と呼んで恥ずかしくないですか?
と問いかけたい。

男は女らしく、女は男らしくの電子メール

  • Day:2009.08.26 00:30
  • Cat:言葉
どうしたことか、一昨日、昨日とメールの書き方について検索されて、このサイトにいらっしゃる方が多いようだ。

「メール 注意点」「メール 敬語」「電子メール 御礼」「ビジネス メール 書き方」「了解です メール」のような検索語の組み合わせが急に増えた。

昔、こんなことこんなことを書いたことがあったが、突然の出来事に少々、戸惑っている。

でも、なぜかそういうめぐり合わせのようなので、メールについて書いてみたい。

と、言いだしたものの、私はいただいたメールの返信が遅いときが往々にしてあるし、そこで使っている用語・用例・用法が、きちんとしたビジネスマナーに沿っているとは言いきれない。なので、正しいメールの書き方はこれだ! などと偉そうなことは言えないが、好きなメールというのがある。

それは男性なのに女性のようなメールである。
繊細で、心配りがあって、ちょっとロマンティック。

たとえば、ある男性にその方の仕事ぶりの素晴らしさを私が書いたら、その返信に「このメールは10年後の自分に読ませてあげたい」……なんて書いてくださったことがあって、この文章に、どんな御礼の言葉よりも重みを感じたことがあった。

逆もまた真なりで、女性なのに男性のようなメールを書く人が好きだ。
用件がまとまって、堂々と主張していて、迷いがない。そんなメール。

私がたまにメールのやり取りをする女性で、ビジネスメールなのに「ね」をつける人がいる。

よろしくお願い申し上げます
お待ちしています
さすがに顔文字は使われていないが、「ね」ははずしたほうがいいと思う。

ようは、私の文体の好みを言っているのかもしれない。
太宰治という男性は、女性的な文章を書いたら……右に出る者はいない(ああ、自分が嫌になるほど陳腐な表現だ)。そして、塩野七生の贅肉を削ぎ落としたような(ああ、これも紋切り型だ)文体が好きだ。

とにかく、しかし、そんな大笑いをして、すまされる事件ではございませんでしたので、私も考え、その夜お二人に向って、それでは私が何とかしてこの後始末をする事に致しますから、警察沙汰にするのは、もう一日お待ちになって下さいまし、明日そちらさまへ、私のほうからお伺い致します、と申し上げまして、その中野のお店の場所をくわしく聞き、無理にお二人にご承諾をねがいまして、その夜はそのままでひとまず引きとっていただき、それから、寒い六畳間のまんなかに、ひとり坐って物案じいたしましたが、べつだん何のいい工夫も思い浮びませんでしたので、立って羽織を脱いで、坊やの寝ている蒲団(ふとん)にもぐり、坊やの頭を撫(な)でながら、いつまでも、いつまで経っても、夜が明けなければいい、と思いました。

-太宰治『ヴィヨンの妻』より

優しくあれるようになるのは人生には不可能なこともある、とわかった年からである。自分でも他者でも、限界があることを知りそれでもなお全力をつくすのが人間とわかれば人は自然に優しくなる。

-塩野七生『男たちへ』より

自分でも説明がつかない。
とにかく私は、男性が女性的な文章を書くと、尊敬してしまう。
逆に、男性らしい文章を、女性が書いても、尊敬してしまう。
どうやら、そういう性癖があるらしい。

全然、「メールの書き方」になっていない。
私の文章の好みについての話になってしまった。

地球温暖化と傘の骨

私は数を数えるクセがある。
そもそもは、遊びの研究から身についたクセだ。

将棋には9×9=81の升目があり、囲碁は19×19=361の交点がある。
一般名詞では「リバーシ」、玩具メーカーのツクダの商標登録でいえば『オセロ』というゲームがあるが、これは8×8=64の升目を使うゲームだ。

チェスとチェッカーも8×8=64の升目を使う。バックギャモンには6×4=24か所の地点(ポイント)があり、双六のような遊びを行う。トランプはジョーカーを除くと13枚×4種類の52枚、花札は48枚で、それぞれ多種のルールがある。麻雀は数牌と字牌の2種類があり、あわせると136枚を使い、各プレイヤーは13牌を持って遊びを進行させていく。

「遊びは数字だ」と言ってもよいくらいに、数はその遊びがおもしろいか、おもしろくないかを決める重要な要因だ。

遊びだけではない。
『フォークの歯はなぜ四本になったか』という名著があるが、扇風機の羽根の枚数など、身の回りの実用品の数も、私は無意識のうちに数えている。

フォークの歯はなぜ四本になったか―実用品の進化論フォークの歯はなぜ四本になったか―実用品の進化論
(1995/11)
ヘンリー ペトロスキー

商品詳細を見る


傘。
傘の骨は8本というのが、私のイメージだった。
ところが最近の俗称・ゲリラ豪雨や突風によって、骨を16本にした屈強な傘が発売され売れているのだという、さらにもっと強くするために骨の数が24本になったものまで登場している。

遊びの場合、将棋の駒の数などが典型だが、かつては多かったが、時代のスピード化にともない数が減る。そうやって時代に適合していくことがある。

将棋の駒はなぜ40枚か (集英社新書)将棋の駒はなぜ40枚か (集英社新書)
(2000/02)
増川 宏一

商品詳細を見る


だが、傘は違う。
将棋の駒の逆だ。

傘は時代に対応しようとすると、骨の数が増えていくという運命にあるのだろうか。だとすると、地球温暖化は傘の骨多数化を招いている、ということになる。
昨日、私は豪雨に遭って、ずぶ濡れになりながら、傘の骨について考えていた。

24本骨傘 高強度グラスファイバー仕様 【雨宿】 (あまやどり) 直径約105cm ブラック 2281524本骨傘 高強度グラスファイバー仕様 【雨宿】 (あまやどり) 直径約105cm ブラック 22815
(2009/05/15)
コンポジット

商品詳細を見る

レコードからできた音のブロックで、音楽を組み立てる

  • Day:2009.08.24 18:01
  • Cat:教育
昨日の続きで、印象に残った遊ぶ=学ぶ装置をご紹介。
音楽レコードを、かわいそうだけど切り抜いて線路に。
その上をレコード針を下向きにつけたオモチャの電車が走ると、音が鳴る、というもの。

レコードからできた音のブロックで、音楽を組み立てる……というコンセプトがあり、ということは複数の電車が走ると合奏となる。

《サウンドチェイサー》と名づけられた、この作品はロンドンを拠点に活動するアーティスト、スズキユウリさんの作品です。

playful1.jpg


何かについて考えていることを考えずに

  • Day:2009.08.24 00:00
  • Cat:教育
「ICCキッズ・プログラム 2009 プレイフル・ラーニング たのしむ ∩ まなぶ」に行ったが、良い展示だった。

この特別展示の背景には、深遠なコンセプトがひそんでいることを、私は感じた。
そのコンセプトとは……私の言葉で解説させていただくと分化への反逆にあるのではないかと思う。

分化とは?
「遊び」は「遊び」。
「学び」は「学び」。
と、分けてしまうこと。

人々はいつの間にか、「遊び」と「学び」を分けてしまっている。
しかし、人間の成長メカニズムの本質はどうか?

子どもは学びながら遊び、遊びながら学んでいる。

「いない・いない・ばあ」は、赤ちゃんならば誰でもする遊びだが、あの遊びは「実存」ということの1歳児の学びなのかもしれない。

パスカルの原理=一定の容器内部に流体を満たしてある面に圧力をかけたとき、重力の影響が無ければ、つまり液面から同じ深さの地点同士ならばそれらの点には等しい圧力が加わる。こんな難しそうな原理であっても、「シャボン玉」という遊びをすれば、子どもは容易に体感して学んでいる。

本来ならば、「遊び」と「学び」は一体化したもので、分離して考えるべきものではない、というのがこの展示の背景にあるものだろう。

……というようなコンセプトを持ちながら、プレイフル・ラーニングとは何か? ということについて、人を食ったようなマンガ(?)で解説されている。

playful.jpg

だが、いっぽうで今回の展示のターゲットである子どもたちではなく、引率する父兄や教育関係者に向けたメッセージは、上のマンガとは打って変わって凶暴なまでに強い。

会場内に行ってみるとおわかりになると思うが、この異なるテイストのふたつのメッセージが、わずか数メートルの至近距離に並んでいる。

playful2.jpg

何かについて考えていることを考えずに、
考えていることについて、考えることはできない。
……この言葉がグルングルン回りながら、私の講義も今日からはじまる。

楽しいことの中に、学びはあふれている

  • Day:2009.08.23 10:22
  • Cat:教育
「ICCキッズ・プログラム 2009 プレイフル・ラーニング たのしむ ∩ まなぶ」に今日は行く予定。

「楽しく学ぶ、ということではない。楽しいことの中に、学びはあふれている」という告知パンフレットのコピーに惹かれた。

もう一度書くが、
楽しく学ぶ、ということではない。楽しいことの中に、学びはあふれている。

含蓄がある。
声に出して読みたくなる。
eラーニングや、ニンテンドーDSで一世を風靡した検定ソフトのネクストステージは、この言葉の奥に隠されているような直感がしたのだ。
株主優待