Hisakazu Hirabayashi * Official Blog2009年09月

東京ゲームショウ2009、私の雑感(5)

任天堂を「仁義に欠く」と勝手な批判をしておきながら、勝手にかばうと、想像するに、この陰に外圧(ガイアツ)あり、ではないかと考えることもできる。任天堂の企業哲学として、他社が値下げしたら我が社も値下げする、という論法はない。

だが、値下げ要因はあった。
前回のエントリーで「噂はあった」と書いたが、9月になってからウォルマート、トイザらスがWiiを値下げする広告を作成している……との話は、日本にいる業界関係者にも広まっていた。そしてこのことは、販売店が意図なく広告をつくったのではなく、噂を既成事実化して、メーカー=任天堂に値下げを要請している可能性があることも示唆している。

日本では、メーカーのことを川の流れにたとえて川上、販売店を川下と呼ぶ慣行がある。
価格(メーカー希望小売価格)を決めるのは、メーカーの権利だ。販売店はそれを仕入れるかどうかの決定権はあるが、製品の値段に口出しするようなことはしない。

だが、Every Day, Low Priceを掲げ、世界最大の売上げ40兆円を誇るウォルマートの力は恐ろしく強い。○○マートというと、日本のスーパーマーケットを連想するが、家電製品も多数販売しており、フォーマット戦争の命運を握る流通とも言われる。

最近では、まさにSONYが提唱し、プレイステーション3が採用したブルーレイ・ディスク(Blu-ray Disc)。

ウォルマートがブルーレイ支持を表明したことにより普及した。そのいっぽうで、ウォルマートが販売に積極的でなかったため、東芝などが推進していたHD DVDは撤退に追い込まれた、という“伝説”もあるほどだ。ウォルマートの販売方針ひとつで、メーカーの勝敗が決まることもあるのだ。

現在、任天堂という企業の海外売上比率は8割にも及ぶ。
京都の任天堂の企業哲学がどうであろうと、アメリカのNintendoはウォルマートをはじめとする強い流通の意向に従わないわけにはいかなかったのかもしれない。

以上、そんな理由が考えられるかも、というひとつの希望的観測である。

(つづく)

東京ゲームショウ2009、私の雑感(4)

直感で任天堂らしからぬ、と思った。
任天堂は本質的に他社を気にしない会社である。

無理しない。
無駄をしない。
真似をしない。
「遊び」(時に「娯楽」と表現する)の産業は、他の産業と同じやり方をやってもダメなのです。


山内溥前社長は、このようなことを講演で、インタビューで答えられたのを、私は何度も聴いてきた。そして、この企業哲学は現・岩田社長になっても根底の部分で、脈々と引き継がれており、その成果として、ニンテンドーDSとWiiという、とてつもない成功をつかんだ。

私は任天堂は、ゲーム業界で勝利したのではなく、独自の任天堂業界を創造したと何度も言ってきた。そして、岩田社長も血みどろの消耗戦のような戦いではなく、誰も開拓していないブルーオーシャンを目指すことを、しばしばご発言なさってきた。

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)
(2005/06/21)
W・チャン・キムレネ・モボルニュ

商品詳細を見る

プレイステーション3とXbox360が値下げしたら、Wiiも値下げ。
これでは、レッドオーシャン=血みどろの戦いのはじまりではないか?
値下げというカードはいつでも切れるのに、今、それを使ってよかったのか?
疑問に思った。

そして、東京ゲームショウに出展せず、SCEの平井社長の基調講演開始の時間に発表するというのは……急に古くさいことを言うが、仁義を欠くようで、その報を聴いて、あまりよい心地はしなかった。

(つづく)

東京ゲームショウ2009、私の雑感(3)

いろいろ書いているが、過去2回のエントリーは、平井社長の講演がはじまって、わずか10分か15分のできごとである。だが、ちょうどこの時間帯から、プレス席の周囲がざわつきはじめた。

なぜか「Wii」……「Wii」……「Wii」の声が聞こえてくる。
壇上では「ソニー・コンピュータエンタテインメント 2009年の新戦略」、プレイステーションの話をしているのに!
不思議なできごとだ。
耳をすますと「Wii値下げ」と囁く声が聞こえる。

「あっ」と思った。
Wii値下げの噂は以前からあった。
プレイステーション3とXbox360がともに値下げをした。それ以降、Wiiには相当な値下げ圧力がかかっていたのだ。それをまさかこの日に敢行するとは。

私の同行取材者が、ブラックベリーの端末に届いたメールをこっそりと見せてくれた。本社から届いたメールだった。そこには、はっきりと任天堂がWiiを値下げした旨が書かれている。10月1日より、20000円(税込み)

今日一日を振り返る。
いろいろなゲーム画面を見た。印刷物も見た。人にも会った。
だが、一番印象に残った映像は、このメール表示画面だった。

そして、任天堂がWii値下げを発表したのは、平井社長の講演がはじまるのと同時刻、2009年9月24日午前10時30分だったことも忘れがたい。

偶然か偶然でないかは、神のみぞ知る、である。
どちらであるにしても、基調講演開始と値下げ発表が分刻みで一致していることに、妙な胸騒ぎを覚えた。

(つづく)

東京ゲームショウ2009、私の雑感(2)

平井社長は冒頭の挨拶のあと、最初に強調されたのはプレイステーション・ネットワークのことだった。

説明の際に、ネットワークのことを「横軸」と比喩した。
プレイステーション3、PSP、さらにPSP go。
これらハードの並びを「縦軸」とすれば、それらを串刺しのようにつなぐのが「横軸」という意味だろうか?

それとも……
ハード性能は垂直方向に、すなわち「縦軸」にグイグイと上がってきた。
それが、プレイステーションの、そして家庭用ゲーム機の歴史ともいえる。
だが、グラフィックスがきれい、といった「縦軸」の進化は十分なところにまで来ている。
次なる方向は「横軸」でなくてはならず、その戦略が、ネットワーク重視するという意味だろうか?

日本語にすると「縦軸」と「横軸」という表現になるが、英語でものを考える平井社長の頭の中では、垂直-Verticallyと水平-Horizontally。

垂直統合、垂直進化。
水平統合、水平進化。

そんなイメージがあるのかな、と勝手な類推しながら講演の前半を聴いていた。

(つづく)

東京ゲームショウ2009、私の雑感(1)

散漫になった話をまとめよう。
今日、私の東京ゲームショウは、TGSフォーラム2009を取材するところからはじまった。
まずは、ソニー・コンピュータエンタテインメント、代表取締役社長兼グループCEO・平井一夫氏の「ソニー・コンピュータエンタテインメント 2009年の新戦略」……うーん長い、ので略させていただくと、平井社長の基調講演を、まずは聴く予定となっていた。

例年よりも早く幕張に到着。
会場の左前方にある、プレス席に案内していただき、三脚とビデオカメラを置くスペースを確保した。Twitterで「まもなく基調講演開始です」とつぶやいたのが、確か10時20分。準備は万端だった。

いよいよ、総合司会者から平井社長が紹介され登壇。
礼儀正しく、主催者の方たちと来場者への挨拶。
そして94年にプレイステーションが発売されて15年間、同プラットフォームを支えてくれた関係者とユーザーに向けての謝辞が述べられた。

平井社長はマジメな人である。
任天堂の岩田社長もマジメな人である。
マイクロソフト執行役常務、ホーム&エンターテイメント事業本部長……うーん失敬にもこちらも略させていただくと、日本におけるXbox事業の総責任者である泉水常務もマジメな人である。

昔のゲーム業界はダーティな匂いがした。
たとえば、東京ゲームショウが発足する以前、ゲーム業界のイベントといえば、派手な色のスーツを着て、がにまたで歩く人ばかりが集まるようなイメージだった。

それが今や隔世の感。
洗練されたマジメなトップ・マネジメントたちが、この業界を動かしている。

日本のゲーム業界の悪いところなんて、いくらでも言える。
でも、どの企業のトップもマジメなのだ。一生懸命だ。そして、若い。

こういう人物たちが牽引する業界は、オカルト話みたいだが、悪くなろうはずがない。
きっと、誰かが守ってくれるのではなかろうか。そんなことが脳裏をよぎりながら、私は平井社長の講演を聴きはじめた。

(つづく)
株主優待