Hisakazu Hirabayashi * Official Blog絶対 美人アイテム100

絶対 美人アイテム100

bijin.jpg


宣伝させてください。
そして御礼を述べさせてください。

妻が本を書きました。
「絶対 美人アイテム100」という題の本です。
去年から約1年間、書いていました。

その執筆過程をずっと隣で見ていたから、できる話しをします。
妻はスタイリストです。
服はコート、スカート、ジャケット、シャツ、パンツ。
その他、靴、バッグ、帽子、ジュエリー、時計、ハンカチまで。
女性が身につけて美しいものを見つけてコーディネート。おもに女性ファッション誌に掲載することを仕事にしています。

本書を書かないか? とお声をかけてくださったのは文藝春秋の編集者の方でした。
妻は千載一遇の機会を得たことになります。
しかし、満足するものをつくろうとすると、膨大な予算がかかってしまいます。
そこで、文藝春秋の担当編集者の方と、お願いごとの連続となります。

ギョーカイ用語で物撮り(ブツドリ)と言いますが、ファッションアイテムはたいていスタジオで撮影します。しかし、妻、いやスタイリスト・河井真奈は「ただのモノ紹介の本にしたくない。生きている場面を撮る」ことを理想としていました。そのためには、100アイテムに適したシチュエーションで撮影することが必須となります。

この考え方に賛同してくださり、すべての撮影におつき合いいただいたのは、人気カメラマンのHijikaさんです。ひとつひとつ丹念に、場面づくりをしてアイテムを撮影していただきました。なかにはモロッコで、ギリシャで撮影した写真もあります。お陰様で、本書は美しい写真集のようだ、との評価もいただいています。

本書は見開き単位で1アイテムを紹介しています。
左ページに全面写真。
右ページ上段には、ブランドの歴史や各アイテムが生まれたエピソードなどが書かれています。
右ページ下段には、実際に身につける際のアドバイスが書かれています。

上段には「パテックフィリップの170年間の歴史でつくった時計の生産量は、今のスイス時計の年間生産量の1%にも満たない」といった物語が。
下段には「ティファニーのパールのロングネックレスは、長い部分を110cmにすると美しく見える」といった実用情報が書かれています。

本のグラフィックデザイン、アートワークはGRAPHの助川誠さんにお願いしました。GRAPHの鶴見社長は、妻とはママ友。お子様が通う学校が、ウチの長男と同じというご縁がありました。アートディレクターの北川一成さんは、偶然にも私が記事を書かせてもらった後藤裕之氏(@gotohiro314)と親しいご関係でもあります。

制作スタッフの皆さまは、普通にご依頼しては、まずお断りされそうな話にもかかわず、情熱とご厚意によって本づくりに参画いただきました。

夫、いや元出版社社員の私としては、全224ページでオールカラー。細かいことですが、帯は二重折りになっていて帯の裏面もカラー写真入り、色違いのしおり紐も二本ついている。それで1700円 (税込)は考えられない価格設定です。



さらに、文藝春秋の方たちの懐の深いことに、モデルのSHIHOさん(@shihoakiyama)のほか、講談社・「Grazia」元編集長、温井明子さん。光文社・「VERY」編集長、今尾朝子さん。他の出版社の方の推薦文も頂戴し、表紙に掲載しております。出版界では珍しいことだと思います。これも、スタイリスト・河井真奈の要望をご海容いただいきましたお陰です。

じつは、本書。
震災の影響で発売日が大幅に遅れそうになったこともありました。
紙が調達できなかったのです。

ですが、これも幸運なことに本書に使う紙の製紙工場は被災からまぬがれ、出版できることになりました。
しかも、紙を調達してくださった製紙会社の方も多数、出版記念パーティに来てくださり、とても喜んでいただけました。お話をうかがうに、本書は新しい種類の紙だそうで、その新製品を「良い本にしていただいた」と、私が何度も御礼のお言葉を頂戴いたしました。

本書は4月30日に全国書店の店頭に並びました。
本の中味の評価は読者の皆さまが決めることです。

ですが、本の制作過程を1年間、見てきた私は、関係者の皆さまのお気持ちが授けてくださった、224ページオールカラー、1700円。普通に編集・制作しては、できなかった本だったと言い切ることができます。

本書は生まれるまでの経緯が特殊な本だったのです。
皆さま、どうもありがとうございました。

Comment

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2011/06/06 17:04
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2011/06/06 17:05
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2011/06/07 17:46
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。