Hisakazu Hirabayashi * Official Blogレノボのゲーム機

レノボのゲーム機

連載中の@niftyビジネス「ゲームビジネス最新動向」が公開されました。
これはゲーム業界・外のビジネスパーソンを想定読者としたビジネスコラムです。

「侮れない中国のゲーム事情」
http://business.nifty.com/articles/game/110526/

数日前、レノボ(Lenovo)の業績発表がありました。(ご参考/ITpro記事原文
2011年1~3月の決算を発表しました。売上高は48億8000万ドル。
通期(2010年4月~2011年3月)では215億9000万ドルです。

売上の大きさだけではなく、レノボは中国政府が国策で成長の後押しをしているので、他国の企業とは競争条件が違うという優位性を持っています。

ゲーム機に限って言っても、日本の家庭用ゲーム機、携帯ゲーム機は中国では販売に規制がかかってます。事実上の禁輸といってもいいでしょう。

日本のゲーム機メーカーにとっても、中国ではPCオンライン・ゲームを遊ぶ文化が定着し、パッケージソフトの違法コピーを懸念し、進出を踏みとどまってきた、という事情があります。

したがって、中国では日本では1996年に発売された「NINTENDO64」をベースにした、現地名「神遊機」が唯一のゲーム機となります。しかも同機は海賊版対策のため店頭でソフトをダウンロードする、という特殊方法で販売されました。

ゲーム機市場、未開の地。
中国で中国企業が発売する、仮称「iSec」は今までの地図には書いていない‥‥未知の道を歩もうとしています。

shinyuki.jpg
ダウンロードしたソフトをコントローラ型の本体に差し込む。
NINTENDO64をベースにした「神遊機」(ご指摘により訂正しました)

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/05/28 18:11
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。