Hisakazu Hirabayashi * Official Blog良記事を書いたのはイラッとしてるからなのでは? の件

良記事を書いたのはイラッとしてるからなのでは? の件

原稿を書きながら、料理をしているのですが、ちょっと時間があいたのでブログを書きます。Twitterの長い日本語ハッシュタグ、今、流行っているのは、

#歴史用語に夜のをつけるとエロくなる

#ゲームタイトルの中に栃木を入れると地味になる


ですね。
この現象については、またじっくりと書くとして、私がTwitterで(日常でもかな?)使わない言葉、あまり使われたくない言葉についてのエントリーです。

~の件。
件で止める方がいますが、なんか勇気がない気がします。
「さっきスーパーマーケットで買ったバナナが傷んでいた件」。
だから、スーパーマーケットに抗議したのか。
人には間違いがある。寛容な心で食べたのか。
寸止めしないで、最後まで言ってよ、という思いがあります。

~良記事
「今のソーシャルゲームの動向がわかる良記事」。
等の文のあとに、記事のURLが続きます。
良い記事と良記事。
かなり印象が違うと思いませんか?
いくら140字の制限があっても「い」を省くことはないんじゃないかなぁ。
私、自分で書いた記事が良記事と書かれても、ちょっとイラッとするんです。

~イラッとする
今、わざと使いました。「イラッとする」はイライラするがつまった表現でしょうが、自分がイライラしているという心の活写ではなく、他者にそのイライラを強要しているかのような印象を与えます。

~なのでは
これも、字数制限があるからしかたないのも、わかるのですが、「なのではありませんか?」と主張と疑問をはっきりとしてほしい、との思いがあります。いわゆる非公式RTのあとで、短い字数でつくケースが多いですね。私とTwitterでおつきあいがある方はご存知かと思いますが、いただいた質問は、なるべくお答えするようにしています。ですが「なのでは」は、ご質問をいただいたというよりも、突っかかってこられた……という印象を持つので、お答えすることは、めったにないですね。

という、良記事を書いたのはイラッとしてるからなのでは? の件。
でした。

平林がブログを更新した件。
Twitterの細かな言葉づかいを指摘した良記事。
平林の文章、読んでイラッとした。
Twitterはどう使ってもいいのでは?
……と自分で先に書いておこうっと。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。