Hisakazu Hirabayashi * Official Blog言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?

言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?

公開されました。

言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?‥‥平林久和「ゲームの未来を語る」第21回
http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=4184

ゲームを語るメディアでは、「タブー視されている」と思うことについて書きました。
それは、

「オレ的ゲーム速報@刃」
「はちま起稿」

です。

両サイト管理人から、また、不特定多数の匿名氏から非難されるかもしれない。
相当な覚悟をもって本稿を執筆いたしました。

最初に本稿の結論を申し上げると、本稿は両サイトの単純な批判ではありません。
問題提起です。

両サイトに「功」の部分があることを認めつつも「罪」の部分もある(とりわけゲーム業界ネタにおいて)。
「罪」については本稿をお読みしていただくとして、「言いたいことも言えない世の中」であってはいけないという一念にかられて、このテーマに触れています。

論議することもなく、「スルー」されている状態は不健全だと思いました。
ゲーム業界をどんな言葉で語るのか。
その言葉はできることならば、美しくあってほしい。
ゲームメディアに関わる人、メディアに登場する人、両サイトで取り上げられた企業の方々が、真っ当に「是」や「非」を言える環境になってくれることを願っています。

Comment

No title
読ませていただきました。
感想としては、両サイトの問題というより
両サイトの影響力を過剰に恐れて発言を萎縮している業界側のほうに問題があるのではないでしょうか?
それを、「両サイトの影響力が強いからしかたない」として
「このままでいいんでしょうか?」と言われても、「いいんじゃないでしょうか」と返すしかないです。
一度ユーザー視点から業界を眺めてみてはどうでしょうか?
  • 2011/08/15 15:32
  • 名無しさん
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/08/15 16:44
行き過ぎた言論の自由は他の言論の自由を奪う。全くそのとおりだと思います。
これから信者の激しい攻撃が続くと思いますが、あまりにひどい場合は法的措置も念頭において行動してください
  • 2011/08/15 17:52
  • ななし
  • URL
No title
>>1
そんなこと言っても、実際に影響力持ってますからね。あのブログは。
1日100万人が見るブログに影響力が無いとでもお考えを?

ゲーム業界の問題は、あのブログを気にしてることではなく、
あの犯罪まがいのブログを放置していることでしょう。
任天堂辺りが法的手段に訴えてくれることを望みます。
  • 2011/08/15 17:58
  • URL
  • Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/08/15 21:26
No title
この両サイトは基本的にアフィリエイト稼ぎなんですよね。
だから、ハード信者を煽るような記事をゲームハード板から拾って来てビュー数、コメント数を稼ぐ。

ゴシップ誌と変わりません。
だって建設的な記事なんて全然ないんですから。

本当にゲームが好きで業界を想う気持ちがあるなら、あのような記事ばかり載せないはずです。だから私はこの両サイトはゲーム業界にとって害ばかりだと思いますし、辛辣な言い方になりますが、そのうち訴訟されて潰れればいいと思います。

まともな考察や問題提起、前向きな記事すら書けないコピペブログですから存在価値なんてないですよ。
  • 2011/08/15 22:04
  • 名無しさん@ニュース2ちゃん
  • URL
  • Edit
No title
タブーに踏み入った論考、襟を正して読ませていただきました。

両サイトについては読む人の視点により意見は変わるでしょう
ですが、正論を言うことがここまでリスクを背負うことになる現状は、あまりにも不健全だと思います
行過ぎた点を諌める”大人の意見”がこれまで不在だったのではないでしょうか。
この度の勇気あるご所見を支持します
  • 2011/08/15 22:22
  • GEARS
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/08/15 23:54
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/08/16 00:30
No title
言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?
拝読させていただきました。

ですが、
冒頭の「オレ的ゲーム速報@刃」「はちま起稿」が名誉毀損等の犯罪を犯していると指摘する部分と、文末の「■問題提起をしています」から最後までの文がどのように結びついているのかよく理解できませんでした。

仮に「言いたいことも言えない世の中って嫌ですよね」との結論を導きたいのであれば、「オレ的ゲーム速報@刃」「はちま起稿」が犯罪をしていると指摘する必要はあったのでしょうか? 

「オレ的ゲーム速報@刃」「はちま起稿」がオフレコでは話題にのぼるのに記事に書く際は名前を出さず、存在しないことにしている方が異常だと思えるのですが。

私としては結論の問題提起は真っ当なことに思えますし、議論されることは大いに歓迎するところですが、この文章(特に冒頭の個人攻撃と受け取られるであろう部分)では情緒的な反応をする人が多いのではと思います。
  • 2011/08/16 00:38
  • 774
  • URL
No title
この二つに関しては業界の外側にいる人間からみても
功以上に罪の部分が大きいと自分は感じています。

ただ、あなたの発言を見る限り、この二つは
業界からはよほどタブーな存在なのがむしろ悲しいです。

そしてタブーにしなければならない業界にすこし失望しますね

  • 2011/08/16 00:58
  • URL
No title
「オレ的ゲーム速報@刃」
「はちま起稿」
がどれだけ影響力あるのだろうか?

これらが日に100万単位の人が見るから影響がある?

結局影響されるかどうかなんて記事を見る人次第なんだよね。

それぞれの管理人が個人的な感情やなんやで記事を書こうとも、所詮ゲハから拾ってきた記事で、それにはほぼまともなソースがある。

正直、嘆く部分があるとしたら、それらの記事を見に来る人達の読解力とかじゃないかなと。


以前平林さんが書いた3DSの1万値下げの記事で、多くの反応があり、酷い言葉で綴られたメールが来たりしたと言ってるが、平林さんの記事をちゃんと読めば3DSを貶めようとしてる記事じゃないのはわかる。
しかし、上辺だけ読んで被害妄想に陥って攻撃しだすような読者の方が性質が悪いと思うんですが、そこらへんはどう思っているのかなと。

  • 2011/08/16 01:23
  • URL
No title
タブー視されているということに驚きました。裏で何かでかい企業がついているという噂もありますがそれが真実という可能性も捨てきれなくなりました。
私みたいな一般人では何もできないかもしれませんが全力で支持をいたします。
任天堂やMSなどの捏造などの被害にあっている企業が動いてはちまとJINを懲らしめてくれることを期待します
  • 2011/08/16 02:10
  • URL
No title
まず、著作権侵害。商標権侵害。肖像権侵害。
これは、この手のサイトに限らず、普通のファンサイトからセミプロ同人屋まで行っています。
企業としては是々非々で対応してると思いますが、嫌いというだけで其処だけ狙い撃ちする訳にもいかないでしょう。

次に、名誉毀損。業務妨害。信用毀損。
これは、企業がケースバイケースで対応する問題であって、あなたが横槍を入れるのは越権行為だと思います。
取り上げられてちょっと得した。というケースもあれば、許せない、ふざけるな。というケースもあるでしょう。
企業が一つ一つのケースで慎重に判断する問題であって、部外者がひとくくりに断罪してはいけないです。

ゲーム企業が告訴、訴訟を起こしていない以上、今のところ法的には何の問題も無いと思います。
自分としては、それなりの商業メディア上で彼らをまるで犯罪者のように扱うあなたのほうに疑問を感じます。
最後に、自由がどこまで許されるかとのことですが、自分は法的根拠の無い制約などあってはいけないと思っています。
腹の立つ記事もありますが、疑問や不満のはけ口のある業界のほうが健全だと思います。
  • 2011/08/16 03:11
  • G teacher
  • URL
No title
あなたの勇気ある記事、読ませていただきました。
ですけど肝心の問題の核心に全く触れていない。
なぜゲーム業界にとってあの2大ブログはちま起稿と俺的ゲーム速報刃はここまでタブー視されなくてはいけないのか?
なぜ訴られてもとても隠せそうにないほどの捏造偏向記事を描き続けているあのブログを誰も訴えようとしないのか?

上記の事に関する答えが、言論の自由と勝訴による企業のイメージダウンとはとてもじゃないが思えない。なにか他の要因があるんじゃないんですか?

正直に話して下さいよ平林さん。いったいあの2大ゲーム“個人ブログ”には何があるんですか?バックには何が付いてるんですか?
それを言わずに必死に話しをそらしている時点で、私にはあなたのこの記事がただの火消し記事にしか見えないんです。
ごめんなさい。
  • 2011/08/16 07:14
  • URL
No title
本人が自身の意思で行っている以上、「毎日が幸せですか」という質問は大きなお世話なのではないかと思いました。
違法行為で問題なのは、それを行った人がペナルティを受けることではなく、行われることで権利を侵害される人がいることでしょう。

反論については、気にしないどころか喜ぶ人もいます。私がそうです。
互いの意見をぶつけ合うのは悪いことではないでしょう。
反論されるのが嫌だから意見を述べないという側こそ問題だと思います。

「言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?」については、業務妨害や名誉毀損罪、侮辱罪といった法に抵触しないところまでだと思います。
  • 2011/08/16 07:49
  • 匿名
  • URL
  • Edit
No title
元々ゲハブログって
2chのハード・業界板などのスレッドをまとめたものですよね
それを知らずにゲハブログと呼ばれているから叩いてるって人が結構いますね
捏造や偏向って元々の2chスレッドの時点で発生していますから
興味がある形は覗いて見てはどうですか?
凄いですよ
  • 2011/08/16 09:57
  • URL
  • Edit
No title
言い方が辛辣とはいえ >>6 from 名無しさん@ニュース2ちゃん氏のコメントに同感です
結局カネが目当てでああいう風にやっている。
記事の見出しでの過度の歪曲・偏向させた煽りによる印象操作・そしてアクセス稼ぎ、記事自体の曲解・捏造、各ハードのユーザーたちへの争いを煽るような書き方、と、批判されて然るべきな所行の数々。
まさに週刊誌と言いますか、いわゆる”マスゴミ”といわれるようなものとなんら変わらない機関…いや、サイトですね。
個人的にもやはり何らかの対処を、業界には行っていって欲しいものです。任天堂やマイクロソフトなどの大手企業あたりに迅速に動いて欲しいのですが、いっこうにそのような話がありませんね…。

平林氏の元へ揚げ足取りや煽り染みたコメントが来ていますが、気にせずこれからも核心と本質をついた記事を書いていただきたい。
  • 2011/08/16 11:30
  • ななし
  • URL
  • Edit
No title
不健全な反応のある言論のほうが、健全なものしか許さない言論よりも健全ではないかと。
それによって法的な根拠なく、何らかの発言を萎縮によって行わないとしたら、それは単純な淘汰に過ぎない。

また、、言いたいことを言えない世の中にしているのは実のところオフレコという発言に対してOkを出す平沢氏のようなマスコミ側の責任もあるのではないか?それが重要なものであれば相手がオフレコと言おうと断固拒否して(オフレコとは発信者とマスコミが協調してなるものだから)、発信すべきだ。
平沢氏は「オフレコ」の原理自体、なにか勘違いしてるんじゃないだろうか?
このようなことを繰り返していると、マスコミと開発者側との癒着が起ころうと不思議なことではない。
  • 2011/08/16 14:30
  • yu
  • URL
  • Edit
平林 様
はじめまして。鶴岡と申します。
件の記事、拝読させていただきました。
率先して「パンドラの箱」を開いてくださった平林に敬意を表したく、今回実名でコメントを残させていただきます。

匿名という隠れ蓑に隠れず、堂々と発言し、その発言を互いに尊重し合える世の中であったなら、どんなに心が豊かになることでしょう。
どんなに素晴らしい作品が世に羽ばたいていくことでしょう。

しかし、皆が皆、志の高い人間であったなら調和もとれましょうが、
ゲームというのはエンタメ、そして心の拠り所とするにうってつけの魅力ある世界ですから、
どうしてもそこで発言するユーザーの声というのは「率直なわりに素直さを見失っている」ことが多くなりがちかと。
さらにはこうも世知辛い世の中だと、自己実現がうまくいかなければ諦観に支配され、
長いものに巻かれているほうが気楽だと思うようにもなりますし、
実生活にいかんともしがたい孤独感があると、村八分の仲間意識は大変魅力的ですから、
一度覚えてしまうと、これが幸福なのかと自問自答しても、人生から切り離すとなると難しいものです。
特に実生活において咎められても繰り返すことのある人間が、咎められなければ増長させていくのは仕方ないことだと思います。
また、大きな流れには逆らえない風潮という、そもそもの問題もあります。

そういう中で、平林様はご自身の声を発せられた。
風潮に流されることなく、殻を打ち破られた。
誰にでもできることではありません。
言葉が凶器になり、人の人生を変えてしまうこの時代に、あえてのご英断。
計り知れない葛藤があったことは、言葉の端々から推察することができた、と僭越ながら感じております。

書き出しにおいて、猛る気持ちが溢れだしそうなのを理性で押しとどめ、
記事で取り上げた方々のことを、心からおもんぱかっていらっしゃる。
その「こころ」を読み取れない方もいるかもしれません。

(続きます)
  • 2011/08/16 14:56
  • 鶴岡
  • URL
  • Edit
あの某貴社ブログが何をして得た金で飯を食ってるのか分からん輩がいますね。「そんな汚い金で食う飯は美味いか?」と面と向かって100回言ってやりたいですわ。
完璧に捏造してるので業務妨害の罪は成立しますね。
  • 2011/08/16 15:04
  • URL
続きです。
(長くなってしまい申し訳ございません)

受け取り方も、各々の心頭によるものですから千差万別なのは当然として、
あの記事について、「何が言いたいのかわからない」と反問する方もいるでしょう。
あるいは「こうにちがいない」と持論を抱き、揚げ足をとる方もいるでしょう。

しかし、わかりやすさを考慮して端的に書いたら書いたで、
憶測を立てられて意味が独り歩きし、自ずと苦境に立たされた前例はいくらもあります。
ですから今回は「パンドラの箱」を開くという意味で、平林様が選んだ言葉の一つ一つは、
断じて間違いではなかったと私は確信しております。

誰がどんな言葉で批難しようとも、あの記事は世に出るべきものでした。
そして現状のように、ネガポジ両方の発言がどんどん生まれ、衝突していく中で、
やがて偏りが解消され、双方の狭間にいるゲーム業界が正しい路を歩むきっかけになるのでは、
と、私は希望を見出しています。

昔のユーザーはお金を出して作品を楽しむことが主でした。
今はユーザーの声を製作者側がとても強く意識していらっしゃる。
それはとても素晴らしいことだと思っていますが、あまりに意識しすぎて窮屈になってしまったら、
作ることが楽しくなくなってしまうのではないでしょうか。
心から楽しめていなければ、人を楽しませることは難しいのではないでしょうか。
ポジティブな強さを失えばその意識は伝搬していき、業界全体が先細りの一途を辿るばかりです。
危機感を力に変えて活路を見出す勇気を、誰が嘲ることができるでしょうか。

ネガポジのパワーバランスが調和したとき、製作者もユーザーも心地好いゲーム業界になるのでしょう。
私はそう信じたい、と記事を読んで強く思いました。
ですから私にとっては、あなたの記事は希望を見せてくれるものでした。
この希望の芽が、大きな流れに摘まれないことを祈ります。

本当にありがとうございました。
これからも応援しております。
長々と失礼いたしました。
  • 2011/08/16 15:06
  • 鶴岡
  • URL
  • Edit
No title
こっちのコメには返事くれないのかな?
まぁ凄い反響があるだろうからすぐには無理だろうけど。

2chのゲハスレをまとめたゲハブログ。
「オレ的ゲーム速報@刃」
「はちま起稿」
他にも色々とあるのにこの2つを挙げるのはそれだけ影響力があると思ってるからなんでしょうね。

で、ゲハ内ではそれぞれの陣営に分かれて不毛な争いをしてるってのはたぶん知ってるんだろうけど、それぞれが自分の陣営に都合のいい記事を持ち出して別陣営を叩く材料にしてる。
だから、それらのスレをまとめるだけでも最初から十分偏向してるんですよね。

しかし、それらの記事には元々の公式発表なりなんなりのソースが存在する。
その大元の記事に飛べるリンクも貼ってありそれできちんとした記事を理解することができる。

しかし、それをせずに見出しだけのインパクトで信じ込む理解力や読解力の乏しい人が多く、平林さんの3DS値下げに関する記事でそういう読解力の無い一部の任天堂のファンから酷い言葉で罵られたんでしょ?

正直、単なるまとめブログが良い悪いじゃなくて、理解力の足りない読者が増えた事が問題なんじゃないですかね?
  • 2011/08/16 16:38
  • URL
No title
毎日が幸せですか って

幸せかどうかは自分で決めることで他人が心配したり、
指摘したりすることじゃないと思います。
すごく上から目線でとても高慢です。煽り口調にした方が人は寄ってくる

同じことしてませんか?

ソーシャルメディアが魔女狩りうんぬんは前からいわれてますが、

メディア、マスコミ、政府、大企業、などに対して

やっと市民が声を発し相手に小さくても打撃を与えられるツールを手に入にいれたのです。

「刃やはちまに載ったら大変だから、これはオフレコで」

なんで大変になるの?

後ろめたいことや、ごまかしたいこと、そりゃあオフレコですよね。


お殿様も時にはほっぺたを叩かれるのがよい、と思うので、

両サイトの罪よりも功のほうが遥かに大きいと思います。

開発者がサイトチェックとか…ちゃんと専門業者にやらせなさいお金払って。
  • 2011/08/16 16:52
  • URL
  • Edit
No title
世の中にはメディアリテラシーなどかけらも持たない人がたくさんいる。彼らがこの2つのサイトによって受ける影響は甚大であり、確かに放置してはいけない問題だと思う。

ハードの煽りあい、ゲーム作品の蔑まし、開発者の揚げ足取り等ネガティブな記事が多く、その光景はただでさえ弱体化しているコンシューマー業界に追い打ちをかけるよう。

そろそろ業界全体でこの手のサイトの影響力を真剣に考え、対策を練らなければ未来は暗い。
いつまでもGKだ妊娠だの言って共食いばかりしてると、ソーシャルゲームに踏みつぶされてしまう。その足はもうすぐ頭上までせまっているというのに。

私たちが大好きな作り込まれた、腰を据えてじっくりプレイできるゲーム自体、もうできなくなってしまうかもしれない。
  • 2011/08/16 17:52
  • URL
No title
企業やゲームタイトルの評判批判は、もう企業やマスコミが自由にコントロールできる時代じゃないですよ。ネットを介して口コミや批判は消費者の間で一気に拡大再生産される。企業やマスコミにはやりにくい環境でしょうが、覚悟が無いなら不特定多数の消費者を相手にするビジネスから撤退しては?

あと「刃やはちまに載ったら大変だからオフレコ」って何?地味な業界メディアになら載ってもいいけど人の目に多く触れるブログはイヤってこと?そんなの映画も音楽も小説も漫画も普通に甘受してることでしょ。たまたまゲームは2つのブログに集約されてるだけで。一般消費者を相手に物作ってる意識あるの?その人たち。
  • 2011/08/16 18:01
  • URL
  • Edit
お詫び
平林様。先日は当方の駄文をご承認いただき、まことにありがとうございました。
人様のブログで長々と書き綴ってしまい、反省しております。
また、文中において、平林様の敬称が消えている箇所があり、大変な失礼をいたしました。
ご不快な思いをされたのではと、これもまた深く反省している次第です……。
申し訳ございません。


貴殿のブログをひとさらい読ませていただいている最中ですが、
読み物として、また一つの考え方のありようとして、思考を非常に刺激されております。
色々考えさせられる、ということが、とても楽しく、有意義な時間です。
どうもありがとうございます。

暑さの厳しい日が続きます。どうぞご自愛ください。
  • 2011/08/17 13:54
  • 鶴岡
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます
  • 2011/08/16 11:00
  • URL
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。