Hisakazu Hirabayashi * Official Blog俺のまわりがこんなに困るはずはない・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第25回

俺のまわりがこんなに困るはずはない・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第25回

俺のまわりがこんなに困るはずはない・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第25回
http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=4523

公開されました。

今回の原稿はライトノベル仕立てにしました。
ノベル=小説です。
小説にはたいてい注釈がつきます。

この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

本稿で書いたことはフィクションではありません。
今、ここにある事実です。

変化の激しいゲーム業界です。
ですが、変化の公式は定まっていました。

次世代機-現行機=変化の量

この変化の量に対応してきた時代が長く続いてきました。
今、ゲーム業界に訪れている変化は足し算、引き算ではありません。

「意味」が変わる時代にさしかかっていると、私はしつこく言いたくて本稿を書いております。
第24回で書きました。

・オープン化
・クラウド化
・マルチデバイス化
・ソーシャルゲームの新時代へ

これらを総合すると、プラットフォームの「意味」が変わります。
良くできたソフトの「意味」が変わります。
ゲーム業界の「意味」が変わります。

公式があった時代から、「意味」を考え直す時代へ。
この変化のしかたの変化のなかで、「困っている人たち」がいることを述べさせていただきました。

ご高覧ください。

アイコン
posted by Hisakazu Hirabayashi

Twitterはコチラ。Facebookはコチラ。メールフォームはコチラです

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。