Hisakazu Hirabayashi * Official Blog連載を振り返り未来を語る・平林久和「ゲームの未来を語る」第30回

連載を振り返り未来を語る・平林久和「ゲームの未来を語る」第30回

明日からE3エキスポ取材のためロスアンゼルスに出張いたします。
出発前に公開することになりました。
連載30回の節目として「私」が主語になって未来を語っております。

連載を振り返り未来を語る・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第30回
http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=6214

冒頭のソーシャルゲームのコンプガチャ規制の件、本文では穏やかに

「官」の力の強さです。消費者庁がコンプガチャに違法の疑いがあると言ったら、企業が足並みをそろえて廃止を決定しました。


‥‥と書きましたが、下世話にいえば「ナシがついている」「出来レース」との憶測を消すことができません。世の中には必要悪という言葉もあるくらいで、すべてキレイ事だけで動いてはおりません。とはいえ、パチンコ業界と警察庁のようなあからさまな癒着構造にはなってほしくない、との思いが強くあります。「お上」からお達しが出たら、「悪うございました」と平身低頭に謝るの図。できることならば、見たくない光景でした。

文中に出てきます「デバイス」。
補足をいたしますと、本体につながる周辺機器を指す用語でもあり、軽々しい意味が含まれています。身振り手振りを文章では書けませんが、「ハードウェア」と言うときには両手を大きく広げて話すイメージ。「デバイス」はボディアクションなしで静かに言うイメージであります。ようは、「ハードウェアがプラットフォームである」という固定概念はそろそろ捨てるべきだと、くどいほど書かせていただきました。

3大OSと称して、Windows、Mac OS、Androidを取り上げました。
話の混乱を避けるため触れませんでしたが、Facebookもすでにゲームプラットフォームとなっています。Amazonがキンドルファイアを出せば、ダウンロードサイトが強力なソフト供給元となるでしょう。

つまり、3大OS+2社(Facebook、Amazon)がクラウド時代のプラットフォームの座を占めようとしています。

ナスネについて、ソニーグループの期待の星という意味のことを書きました。
「ソニー製品だけではない、他社製品ともつながる」ことについては、開発担当者2名に私が直接取材をして確認いたしました。ナスネの報道に関しては西田宗千佳氏がAV Watchに寄稿されたこの記事が秀逸で、後半ではっきりと「ソニーに閉じるつもりナシ! DLNA+DTCP-IPで広く対応」と書かれています。

本稿執筆時に一番苦労したのは結びでした。
ものづくり国家と言われた日本。
ものづくりで世界をリードしていたからこそ、優秀な「ハードウェア」をつくることができました。しかしながら、ネットワーク時代の今、他社ハードを敵とみなし、ソフトを独占することが勝利への近道ではなくなってきた。

時代は「ものづくり」から「ものつなぎ」へ。
つなぎ方が問われるというのは、狭いゲーム業界に限った話ではないでしょう。

mono.jpg


アイコン
posted by Hisakazu Hirabayashi

Twitterはコチラ。Facebookはコチラ。メールフォームはコチラです

Comment

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2012/09/20 15:38
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます
  • 2012/06/02 23:34
  • URL
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。