Hisakazu Hirabayashi * Official Blog北野武監督が夫婦愛と職業観を描いた、「アキレスと亀」

北野武監督が夫婦愛と職業観を描いた、「アキレスと亀」

前回のエントリーで、土曜日までお待ちください、と言いました。
と、申しますのも、今週、9月20日に北野武監督の最新作「アキレスと亀」が公開されるからです。



裕福な家庭に生まれ育った少年は、将来画家になる夢を持っていた。しかし両親が突然相次いで自殺。一人ぼっちに。新聞配達や印刷工場のバイトで貯めたお金で美術学校に通う主人公(北野武)。そんな彼の前に美しい理解者が現れて結婚。売れない画家の半生を彼に連れ添う妻の献身的な愛とともに描いた――。




そんなストーリー。

「ここのところ3年くらいは『TAKESHIS’』を撮って事務所が傾いてしまい、次の『監督・ばんざい!』で完全におかしくなって、ついには(オフィス北野所属の)山本モナ(のスキャンダル)で完全に終わった。そういう状況の中、この『アキレスと亀』でどうにか傾いた事務所を立て直し、借金も全部返そうとして散財して作った」と、北野武監督は、自らとお金の関係も披露会見で語ったようです。

また、北野武監督は「今の日本の親は好きな仕事に就けとは言うけれど、その仕事で出世してお金を儲けなさいということも付け加えているような気がする。だけど、本当は好きな仕事をして食えるだけで十分じゃないかという結論の映画です。楽しんでいって下さい」とも言い添えました。

まだ、観ていないので良い映画とは言いきれません。
でも、私、きっと、どこかのシーンで涙を流すに違いありません。

リーマン離婚のような悲しいことが、もし起きるなら、その対極にある美しい物語が、ここにはきっとあるはずです。

以下はYou Tubeで公開されているトレーラーです。
早くもジーンときています。



FC2 Blog Ranking

Comment

いい話
憎らしいまでの伏線をはられた感じです。
血も涙もない離婚の話のあとがこれですか。

動画冒頭の「金貸してくれ」でぐっときます。

「アキレスと亀」はノーチェックだったのですが、記事とトレーラーを見たら、急に見に行きたくなりました。
  • 2008/09/18 20:22
  • Mark
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008/09/18 20:28
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。