Hisakazu Hirabayashi * Official Blog土曜日は音楽とアート(3)……「アマデウス」に才能と創造力のサイクルを見た

土曜日は音楽とアート(3)……「アマデウス」に才能と創造力のサイクルを見た

今日は叔父の納骨式なのでレクイエム(鎮魂歌)。

でも、我がファミリーはみんな強くて、陰気じゃないです。
お墓が神奈川県の真鶴町にあって、親戚一同、久々に磯料理が食べられるなんて言っています。
良い親戚に囲まれています。
父の弟なのだけど、母や私の妻をはじめ姻族も、みんな参列します。
親族一同、もめごともなく仲が良いことを、もっと感謝しなくてはいけないと改めて思い知った今日この頃です。

映画「アマデウス」。

学生時代に観た、この映画によって、才能の意味を知りました。
神は人をつくり、人には才能が与えられ、その才能がまた、神のごとく何かを創造する。
その繰り返しを人はいとなむのだと。

映画の後半、死期が迫ったモーツァルトが口述筆記でレクイエムを、長年の宿敵ともいえる宮廷作曲家・サリエリに託して語っているシーンです。

台風やって来て、豪快な涙雨。








アマデウスアマデウス
(2007/12/07)
F・マーレイ・エイブラハムトム・ハルス

商品詳細を見る



FC2 Blog Ranking

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。