Hisakazu Hirabayashi * Official Blog東京ゲームショウ2008のまとめ……「カオス(Chaos)」

東京ゲームショウ2008のまとめ……「カオス(Chaos)」


東京ゲームショウ2008はどうでしたか?
一言で述べよ、と言われたらカオス(Chaos)でした、と答えるでしょう。

カオスは、ギリシア神話で言うところの“原初の神”です。
この世が始まったとき、「無」の状態で最初に誕生した神。
「無」の神格化、それがカオスの原義。

ですがカオスは、非常にたくさんの、秩序無く散らかった“混沌”を意味する言葉でもあり、むしろ原義よりも、使われることの多いのはこの“混沌”のほうかもしれません。

1本のソフトに3年の歳月を費やし、50億円以上の開発費をかけて出展されたソフトがあります。いっぽうで、シリーズ化して開発単価をどんどんと下げることを目標とし、1000万円以下でつくることを至上命令されたニンテンドーDS用のソフトがあります。その差はあまりにも極端です。

ゲームビジネスの将来を強気で読み、楽観視する人がいます。経済産業省の提唱のもと、 CO FESTAと題され、それは日本のコンテンツ産業は、これからますます伸びるであろう、また、伸ばさなくていけない、という根本思想もとに近年の東京ゲームショウは開催されています。

しかし、このBLOGでは再三申し上げてますように、家庭用ゲーム機のパッケージソフト市場の規模は縮小傾向にあります。海外のゲームソフト会社の技術力の向上は目覚ましい。日本のゲームソフト産業の危機を訴える者も当然いるわけです。

今回の東京ゲームショウで、非常に目立ったのは携帯電話用コンテンツが著しく充実し、かつ、品質が高くなったことです。

これもカオスの好例で、従来のゲームビジネス、パッケージソフトの販売は弱腰だが、携帯機……広い意味ではニンテンドーDS、プレイステーション・ポータブル、i-Podにi-Phone、Googleが携帯電話市場に参入とも言われています。他にも通信や家電にかかわる、世界各国のメーカーが、こぞってこの巨大市場を狙ってくるでしょう。Nokia、エリクソン、サムスン電子……。なにせ、4G(第4世代携帯通信)は、俗に「現行の光ファイバーの約10倍の転送速度」とも言われています。

携帯××。


携帯ゲーム機か、携帯電話か、携帯メディアプレイヤーか、携帯薄型カードか。
モノは何かはわかりませんが、机の上に置く大きなモノや、テレビに接続する大きなモノは、市場のトレンドからはずれていき、てのひらのサイズで収まるものが主流となるでしょう。

今、ゲーム産業では「大」と「小」、「今日」と「未来」、「強気」と「弱気」、「保守思想」と「革新思想」、「現行市場」と「新規市場」、「激しく遊ぶもの」と「あえて遊ばないもの」、「若手」と「壮年」、「多額」と「少額」が、子どもがぶちまけたオモチャ箱のように雑然とし、混沌としています。

それに加えて、国際化の速度もハンパではありません。

大昔(約10年前まで)ならば、日本のゲーム産業は日本の価値観だけで動いてました。
昔(過去5年間)ならば、北米と西欧といっても――事実上、英国・フランス・ドイツ――くらいの動向を見ていればよかったのです。

ですが、現在はスウェーデンの価値観、ウクライナの価値観、中国の価値観、韓国の価値観、インドの価値観、ロシアの価値観が、イズラエルの価値観、ブラジルの価値観が、この地球上をグルグルと巡っています。その巡りが、たまたま2008年10月9日と10日に、「東京」と名乗ってますが、じつは千葉県の幕張に一瞬静止したようなものなのであります。

何もかもが集まって、秩序をなしていない混沌という意味でカオス。
あるのは「無」。いるのは“原初の神”だけという意味でカオス。

いずれしても、今回の東京ゲームショウの本質は、カオスであったと私は言いたいのです。
見えないものを見てくる者として。



FC2 Blog Ranking

Comment

技術力もそうですが、アイディアの質も問われるのでしょうね。
DSが出たときには喜んだのですが、正直ソフトをやってがっかりしたことがあります。
それは何故かというと、コマンド選択とか当たり前の操作をタッチペンで行ってるだけで、「それボタンでもいいじゃん!」というゲームをやったからなのでした。
某ゲームソフトで息を吹きかけて雲を消す…そんなことをやったときは感動しましたが、そういうふうなソフトが多いかというと…私はあんまり知りません。あくまで個人的な視野でしかないですが。
というわけで、今勉強してる学生さんがプロのプランナーになったときに、アイディア的に面白いソフトを作ってくれるよう期待してます。
そうなるように平林さんも指導をビシバシ!お願いしますm(_ _)m
  • 2008/10/12 04:58
  • t-hikl
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
RMT・オンラインゲーム通貨デパート・RMTをするならRMT4Uで!
RMT4Uとは? 当サイトは、日本発の本格的なリアルマネートレーディングとして、オンラインゲーム・ユーザーのサポートを目的としています。皆様方が、数々のオンラインゲームを楽しめるよう心がけ、ゲーム通貨/アイテム/アカウントの販売と買い取り、育成代行などのサービ?...
  • 2008/10/11 12:14
  • URL
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。