Hisakazu Hirabayashi * Official Blog色の三原色と光の三原色と

色の三原色と光の三原色と

color.jpg

色(絵の具)の三原色を重ね合わせると、黒くなります。
ですが、RGBの光の三原色を重ね合わせると、白くなります。
これは偶然なのでしょうか?
これは必然なのでしょうか?

人間の想像力と創造力をたぎらずため、神が与えてくれた幸運なのでしょうか?
人間の愚かさを神は愚弄しているのでしょうか?

私はこの色の不思議を昨日、講義しました。

ですが、あまりにもわかりやすい、明白な事実なのに、そのもう一歩先を、本当の意味を学生の皆さんに伝えたくてしかたないのですが、まだつかみきれていないのです。

色の三原色を重ね合わせると黒くなり、光の三原色を重ね合わせると白くなる。
謎は深いのです。

脳は美をいかに感じるか―ピカソやモネが見た世界脳は美をいかに感じるか―ピカソやモネが見た世界
(2002/02)
セミール ゼキ

商品詳細を見る


常用デザイン―21世紀を生き抜くデザイン (常用デザインマニュアル)常用デザイン―21世紀を生き抜くデザイン (常用デザインマニュアル)
(2004/01)
南雲 治嘉

商品詳細を見る



FC2 Blog Ranking

Comment

光と色の三原色について
まずはとりあえずこのURLをどうぞ↓
http://www.laser.phys.tohoku.ac.jp/~yoshi/hikari22.html

光と色の三原色の関係性は必然的なものです
簡単に言うとすればモノの色というものは、光が反射した時にどの波長で反射するかというところで決まりますので、モノそのものには絶対的な色はなく、見る人によっても感じ方が変わります

光源の三原色は混ぜるほど光源が増えますので、加法混色といいます。
混ぜるほど明るくなっていき、最後は白になります。

モノの色の三原色は混ぜるほど反射が減っていきますので、減法混色といいます。
混ぜるほど暗くなっていきま、最後は黒になります。

単純に色というものを反射なんだということを認識すれば混乱する事もないと思います。
授業でおっしゃっていたように生き物は視覚で得た情報を頭の中で構築するものなのでヨーロッパと日本ではまた色の認識が違うのもこういうことですね

  • 2008/10/21 01:34
  • YK
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。