Hisakazu Hirabayashi * Official Blog初代のMacintoshのテレビCMです

初代のMacintoshのテレビCMです



初代のMacintoshのテレビCMです。
当時、パーソナルコンピュータといえば、MS-DOSが主流で、黒い画面に「>」プロンプトが出ていて、そこに“format”“copy”“dir”“ren”などの命令文を打ち込みます。

たとえばrenならば、

そのあとに[ドライブ:]パス][ディレクトリ名1|ファイル名1][ディレクトリ名2|ファイル名2]を続けて入力する……なんてことを覚えるか、コンピュータの近くに分厚い解説書を置いておかないと、操作できない。

なんのことはありません。
renはRENAMEの略。

つまり、ファイル名やディレクトリ名(今で言うところのフォルダ名)を、ただ変えるだけなのに、これほどの手間と知識が必要だったのです。

プログラマーが、ではありません。
ユーザーが、です。

今でもその名残はあって、Windows XPならば「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」というのがあるはずです。

これをクリックすると、昔ながらのMS-DOSのように、真っ黒の画面に出会えるはずです。
そこから抜け出すコマンドは“exit”

黒い画面に呪文を打ち込むのではなく、したいことがあれば、そのマークのボタンを押す=アイコンをクリックする、という思想を打ち立てたのがMacintoshでした。

アップル。

リンゴの一品種の名前から転用した言われる、Macintosh。
1984年の初頭に発売された製品です。
このMacintoshが発売されて、5日後、週刊文春は"ロス疑惑"を報道しています。
この年、日本ではグリコ・森永脅迫事件が起き、エリマキトカゲがブームになった年です。


FC2 Blog Ranking

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。