Hisakazu Hirabayashi * Official BlogATOKに感じる日本語への愛

ATOKに感じる日本語への愛

唐突ですが、いま、かなりの長文の原稿を書いていて、つくづく思うのが、ジャストシステムのATOKの使いやすさです。

悪い癖か、プロフェッショナルとして身につけた自己防衛策か。
私、道具を変えて気分転換する癖があります。

デスクの周囲にはマウスが3種類、キーボードも3種類ほど用意してあって、それらを取っ替え引っ替えしながら、原稿に挑んでいます。

道具だけではなく、ソフトウェアもそうです。
基本は「WORD」を使いますが、テキストエディタも使います。

ですが、日本語変換はATOK一筋で、浮気はしません。
キー操作のミスで、たまにWINDOWS標準の変換システム(IME)を使ってみることもあるのですが、これは利用しても、申し訳ない、5分ともちません。

私はパソコン歴が長く、ワードプロセッサーといえば『一太郎』の時代から使っているせいもあるのですが、ATOKに指と脳の感覚が、慣れてしまっているんですね。

そして、単に操作慣れしているから好きなのではなく、日本語への愛を感じるんです。
ATOKは方言の変換ができるのですが、それだけではなく、こんなサイト運営をやってます。「方言は我らのアイデンティティだ」。泣かせる宣言文じゃないですか。

方言ばかりではなく、日本語力を試す無料検定サイトも運営しています。今は、相手を説得する力をテーマに、口説き力検定が開催されています。

単語登録も、ただ読みを入力するのではなく、動詞の活用形まで覚えてくれます。
それがまた、「ラ行下二段活用」なんていう細かさで登録ができます。このように、文法の知識がなくては、わからないようなマニアックな機能がついているのですが、「すぐる(勝)」なんて動詞が、まさに「ラ行下二段活用」として登録し、それがバチッと変換できたときなどは、エクスタシーを感じるほどです。

日本語に愛着を持ち、研究をしつくされているATOKの開発に関与された方たちの努力には、敬意を表します。

ワープロのシェアでは、「一太郎」はマイクロソフトの「WORD」にものの見事に逆転というか、四国の地方企業(本社・徳島)のジャストシステムは、黒船の威力でいとも簡単に駆逐されました。かなり強引なマーケティング(?)によって。

HELPボタンを押すとHELPメッセージが表示される……みたいな単純な機能なのに、松下電器産業は特許侵害をしたとして、ジャストシステムを相手に裁判を起こしたこともありました。結審はジャストシステムの勝訴でしたが、「一太郎」の全盛期。泣く子も黙るジャストシステムだったのに、他の日本国内ソフトウェアハウス同様、苦難の道を歩み、大企業のいじめられっ子のような存在になってしまいました。

「一太郎」のシェアが落ちても開発は続け、さらに、ATOKの開発は生命線として、より一層注力してきました。その甲斐あって、ATOKは複数の携帯電話やニンテンドーDSにも搭載されており、コンピュータと日本語の架け橋になっています。

話はグルグル回ってすみません。
……とはいっても、ジャストシステムの業績は良くないのです。
先週の13日、特別損失の計上と業績の下方修正をしました。ここ数週間、株価は200円を割って、昨日の終値が164円です。

浮川社長と専務である奥様、パーティで2度ほどお目にかかっただけですが、ジャストシステムを支えて、ATOKをますます進化させてください。日本語への愛を注ぎ続けてください。

私は今、ATOK2008を使って、この文章を書きました。
ここまで書いてきた文章で感動したのは、冒頭に出てくる「取っ替え引っ替え」でした。
「とっかえひっかえ」。
小さい「つ」……促音が入った口語体を、難しいだろうに一発で変換してくれると、オマエ、だから好きなんだよと、抱きしめたくなります。

私も根性悪いですね。もうひとつのメジャーなほうで試すと、「特化へ筆禍へ」になってしまいました。これは学習させていない私が悪いのかもしれませんが、使えません。

「取っ替え引っ替え」
「特化へ筆禍へ」


この差は大きいわけです。
作業効率の差であり、日本語への愛の差です。
ATOKにはいつもお世話になっております。
先週はジャストシステム、特別損失の計上と業績の下方修正の報。
急にエールを送りたくなってしまいました。

がんばれ、ATOK!
日本語への愛を、もっと!

ATOK 2008 for WindowsATOK 2008 for Windows
(2008/02/08)
Windows

商品詳細を見る


ATOK 2008 for Mac 通常版ATOK 2008 for Mac 通常版
(2008/07/18)
Macintosh

商品詳細を見る

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。