Hisakazu Hirabayashi * Official Blog誰が誰に何のために勤労を感謝するの?

誰が誰に何のために勤労を感謝するの?

3連休、いかがお過ごしですか?

今日は「勤労感謝の日」。
ところで、なんなんでしょう?
この休日。

「勤労感謝の日」の起源は戦前の新嘗祭に由来するそうです。
“にいなめさい”が一般的ですが、“にいなめのまつり”、“しんじょうさい”とも読むそうです。

古来から、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、また、自らもこれを食して、その年の収穫を感謝する祭儀だそうです。(wikiより抜粋)

勝手に想像するに、戦前(旧憲法)と天皇制の香りが強いことから、なんとなくマイルドなんだか、堅苦しいんだか。だいたいが、なんでこの日に急に感謝するんだかが不明な「勤労感謝の日」が生まれたのですね。

つまり、こじつけなんです。

だから、たぶん各地のイベントや、家庭で祝うことの最も少ない、日本一地味な祝日ではないでしょうか、「勤労感謝の日」。

私、プロフィールにもあるように「働く」については、深い思い入れがある人です。
「感謝」という言葉や行為についても、人並み以上に思い入れが強いと自覚しております。

だから、「勤労感謝の日」が大好きになってもおかしくないはずなんですが、動機が不純でネーミングのセンスが悪いから、あまり好きではありません。

今日、一緒にお過ごしになるご家族、恋人、友人と、「勤労感謝の日」のイマイチな感じについて語り合ってみてもいいし、みなくてもいいし。

ま、そういう日本的な曖昧さに満ち満ちた休日です、今日は。

誰が誰に何のために勤労を感謝するの?
誰も答えられない?

でも、今日は私、45歳、最後の日。


FC2 Blog Ranking

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。