Hisakazu Hirabayashi * Official Blogア、秋

ア、秋

手帳は、モノではなく、それを書く人……
などという、わかりきった話を2回も続けてしまいました。

そんなことをしているうちに、手帳、ノート、原文ママで書くと「ノオト」に書き殴ったメモ、そのものが文学になっている、変わった作品があったことを思い出しました。

その題名がまたすごい。
『ア、秋』です。

このエントリーで、立川談志が「『坊ちゃん』は『坊ちゃん』ではなくてはいけない。『三四郎』は『三四郎』でなくてはいけない。さすがだよ、漱石は」と力説しております。

その感覚と同じで、私も立川談志を真似れば「『春』でもない、『夏』でもない、『秋』じゃなきゃ、いけないんです。しかも、ただ『秋』でもだめ。『ア、秋』。頭に「ア、」がつくところが、うまいね」と講釈を述べたい心境になるような、そんな短編小説があります。

『ア、秋』は青空文庫でも読めますが、一部抜粋させていただきます。
こんな作品です。
今、気分で名づけたのですが、これぞ手帳文学の最高傑作!
ではないでしょうか。




『ア、秋』
太宰治

 本職の詩人ともなれば、いつどんな注文があるか、わからないから、常に詩材の準備をして置くのである。
 「秋について」という注文が来れば、よし来た、と「ア」の部の引き出しを開いて、愛、青、赤、アキ、いろいろのノオトがあって、そのうちの、あきの部のノオトを選び出し、落ちついてそのノオトを調べるのである。
 トンボ。スキトオル。と書いてある。
 秋になると、蜻蛉(とんぼ)も、ひ弱く、肉体は死んで、精神だけがふらふら飛んでいる様子を指して言っている言葉らしい。蜻蛉のからだが、秋の日ざしに、透きとおって見える。
 秋ハ夏ノ焼ケ残リサ。と書いてある。焦土である。
 夏ハ、シャンデリヤ。秋ハ、燈籠。とも書いてある。
 コスモス、無残。と書いてある。
 
 (中略)

 秋ハ夏ト同時ニヤッテ来ル。と書いてある。
 夏の中に、秋がこっそり隠れて、もはや来ているのであるが、人は、炎熱にだまされて、それを見破ることが出来ぬ。耳を澄まして注意をしていると、夏になると同時に、虫が鳴いているのだし、庭に気をくばって見ていると、桔梗(ききょう)の花も、夏になるとすぐ咲いているのを発見するし、蜻蛉だって、もともと夏の虫なんだし、柿も夏のうちにちゃんと実を結んでいるのだ。

 秋は、ずるい悪魔だ。夏のうちに全部、身支度をととのえて、せせら笑ってしゃがんでいる。僕くらいの炯眼(けいがん)の詩人になると、それを見破ることができる。家の者が、夏をよろこび海へ行こうか、山へ行こうかなど、はしゃいで言っているのを見ると、ふびんに思う。もう秋が夏と一緒に忍び込んで来ているのに。秋は、根強い曲者(くせもの)である。

 怪談ヨロシ。アンマ。モシ、モシ。
 マネク、ススキ。アノ裏ニハキット墓地ガアリマス。
 路問エバ、オンナ唖ナリ、枯野原。
 よく意味のわからぬことが、いろいろ書いてある。何かのメモのつもりであろうが、僕自身にも書いた動機が、よくわからぬ。

 窓外、庭ノ黒土ヲバサバサ這(は)イズリマワッテイル醜キ秋ノ蝶ヲ見ル。並ハズレテ、タクマシキガ故ニ、死ナズ在リヌル。決シテ、ハカナキ態(てい)ニハ非ズ。と書かれてある。
 これを書きこんだときは、私は大へん苦しかった。いつ書きこんだか、私は決して忘れない。けれども、今は言わない。

 捨テラレタ海。と書かれてある。
 秋の海水浴場に行ってみたことがありますか。なぎさに破れた絵日傘が打ち寄せられ、歓楽の跡、日の丸の提灯(ちょうちん)も捨てられ、かんざし、紙屑、レコオドの破片、牛乳の空瓶、海は薄赤く濁って、どたりどたりと浪打っていた。

 緒方サンニハ、子供サンガアッタネ。
 秋ニナルト、肌ガカワイテ、ナツカシイワネ。
 飛行機ハ、秋ガ一バンイイノデスヨ。
 これもなんだか意味がよくわからぬが、秋の会話を盗み聞きして、そのまま書きとめて置いたものらしい。

 また、こんなのも、ある。
 芸術家ハ、イツモ、弱者ノ友デアッタ筈(はず)ナノニ。
 ちっとも秋に関係ない、そんな言葉まで、書かれてあるが、或いはこれも、「季節の思想」といったようなわけのものかも知れない。
 その他、
 農家。絵本。秋ト兵隊。秋ノ蚕(カイコ)。火事。ケムリ。オ寺。
 ごたごた一ぱい書かれてある。

 (完)




ノオト=手帳に太宰治はこんなことを書いていました、あるいは書いてある詩人を創作しました、という記憶が、ここ数日間、よみがえっておりました。

夏ハ、シャンデリヤ。秋ハ、燈籠。
秋ハ夏ト同時ニヤッテ来ル。
秋は、ずるい悪魔だ。
夏のうちに全部、身支度をととのえて、せせら笑ってしゃがんでいる。


私もこんなことを自分のノオトに書いてみたい、そんな衝動にかられます。
そして、最後の一文が豪快。

「ごたごた一ぱい(いっぱい)書かれてある」。
そんなのありですか?……というような結び。
起承転結の「結」がないようです。

でも、考えようによっては、その「ごたごた」が、筆者がなによりも言いたいことで、なんとも刹那的で、はかない「結」でもあるようです。

以上、手帳の話から飛躍して、『ア、秋』の雑感でした。


FC2 Blog Ranking

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。