Hisakazu Hirabayashi * Official Blogニュースと事実の書き流しの違い

ニュースと事実の書き流しの違い

ニュース記事の書き方の基礎の基礎です。
昔、仕事の先輩に教わりましたし、いろいろな文章上達法の本に書いてあります。

犬が人を咬んでもニュースにならないが、
人が犬を咬むとニュースになる。


はい。
では、それはわかったとして、実際に報道文を書くときは、文章を書くとき冒頭に(これはニュースだ)とカッコつきで書いてみる。

(これはニュースだ)ホニャララが、ホニャララで、ホニャララした……。

で、ひと通り記事を書き終えたところで、最初の(これはニュースだ)を消してみます。
それでも、筆に驚きを伝える勢いがあって、読者が「ニュースだ」と感じてくれるであろうならば、ニュース原稿の完成となります。。

え?
これはニュースではない、つまり驚きや珍しさが感じられないと読めてしまうようだったら、それはただの雑文、なのでしょう。

以上がニュース書きの常識なのですが、珍しい記事を発見しました。

日経ネット・国際ニュースより。

ゲームソフト大手の米エレクトロニック・アーツ(EA)は19日、従業員の約10%に当たる1000人程度の削減を柱とする経営効率化策を発表した。年末商戦が予想を下回るなど苦戦が続いており、コスト削減で収益体質の強化を急ぐ。

10月には人員6%を削減する計画を表明していたが、環境悪化で積み増しを余儀なくされた。ゲーム開発施設など世界9拠点の統廃合も決定。今後は高採算が見込める人気ソフトに開発を絞る。人員削減の大半は2009年3月末までに実施する。リストラ策で年間1億2000万ドルのコスト削減を見込む。

米国ではゲーム市場の拡大が続くが、景気低迷を背景に成長率は鈍化。大手間での競争が激しさを増しており、EAは最終赤字が続いている。



書いている記者がこれをニュースととらえないで、ただ事実を流している感じがします。
さっぱりしすぎ。
頭に(これはニュースだ)を、読んでいる私がつけたくなりました。

私の知るかぎり、これはゲーム産業はじまって以来、最大級のリストラ策です。
1000人というのも凄い数字で、カプコン(単体)の社員の約8割、任天堂(単体)の社員の約7割に該当する規模です。数的に驚くべきことです。

EAはElectronic Artsの略。
将来、テレビゲームは「電子の芸術になる」とのビジョンから、1982年に、元アップルのマーケティング部長だったトリップ・ホーキンスが設立した。世界最大のソフトウェア専業メーカーです。

もっとニュースっぽく書かなくては、この記事。
これではタダのアメリカ企業の、最近よく報道される経営悪化→リストラ関連の「お知らせ」みたい。
事の大きさを伝える熱さがないのが、読んでいて、なんとも切ない文章でした。


FC2 Blog Ranking

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。