Hisakazu Hirabayashi * Official Blog間引くのはやめて

間引くのはやめて

本をめぐる、ちょっと暗い話です。
今、一生懸命、本を書こうかというときに、こんな記事を読むと悲しい思いがします。

 「本を1冊盗まれる被害額は40冊売った時の利益と同じ」。福岡県前原市で本屋を営む大石宏典さん(65)は、3年前から平均で月数回ずつ、子ども向けに万引きなど非行防止の講演会を続けている。軽い気持ちの万引きでも被害者側の損害や苦しみは大きいことを知らせ、非行を防ごうという試みだ。
 「万引きをする人は、ほんの軽い気持ちで手を出すだけかもしれない。でも被害者がどれだけ泣かされて困っているか。その苦しみを知ってもまだ万引きをしますか」
 大石さんは福岡家裁(福岡市)で、比較的軽微な非行で補導された14~19歳の少年少女や保護者と向き合っていた。約40分間にわたって、「町の本屋」が直面する被害のひどさを切々と訴える。家裁の教育的措置の一環だ。
 出版団体でつくる日本出版インフラセンター(東京)は、書店の万引き被害は全国の大手14社(計643店舗)だけで年間40億円と試算している。経産省の02年調査では1店舗あたりの年間被害額は推定約212万円だ。
 福岡県警によると、本屋に限らず万引きで検挙・補導された未成年は全国で05年4万4411人、06年3万6904人、07年3万4650人と減少傾向だ。しかし業界団体などによると、転売目的に10冊単位で盗むなど悪質な例が目立ち始めている。店員の注意を引きつける「おとり」や「見張り」など役割を分担して万引きをするグループも。「万引き倒産」に陥る本屋は後を絶たない。


*asahi.comより

書店、特に小規模の書店は全国各地で減っています。
それが、インターネット通販の影響だったら、まだ理解もできるのですが、経営が成り立たない主要因が万引きとは悲しい。しかも、本を「換金する目的で盗む」という動機が71%。変な同情心かもしれませんが、「どうしても読みたかった」だったら、まだ許したくもなるのですが。換金目的とは、さらに悲しい。

盗んでも見つからないだろう。
謝ればすむだろう。
いわゆるモラルハザード。
基本的な道徳心がうすれていく象徴のようです。

万引きは陳列してある棚から「間引く」からの派生語と聞いたことがありますが、なんか万引きというと、罪が軽そうな感じ、しませんか? ちょっとしたイタズラみたいな……。
万引きは、きっぱりと「窃盗」と呼ぶべきしょう。

この記事は書店を例にしてますが、ゲームショップも同じです。
ゲームソフトが1本、在庫になると20本の売り上げがなくなる計算になります。
そして1本盗まれると40から50本の売り上げがなくなる計算になります。
高級衣料や宝石などと違って、著作物の小売業の利幅は驚くほど低いのです。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。