Hisakazu Hirabayashi * Official Blogパームの携帯情報端末に欠けているもの

パームの携帯情報端末に欠けているもの



アメリカでパーム(Palm)社の携帯情報端末、新作が発表されました。
日本のように携帯電話でメールを書かないアメリカのビジネスマンは、パームの製品は必需品ともいえます。たいていの機種はペン入力も、キーボード入力も可能です。

電池の寿命も長く、操作性もすぐれ、パソコンとの連携もしやすい。
安価で軽量……いいことずくめのパーム社の製品です。

ですが、決定的に欠けているものがあって、それはデザイン。
アップル、iPod、iPhone、iTunes、iTouchには強烈なインダストリアル・デザイングループが後押ししています。

パーム社は、ああ、本当にアメリカという巨大なローカルでしか通用しないデザインの製品ばかりつくっています。もったいない。機能はともかく、デザインに差がありすぎます。

アップルデザイン―アップルインダストリアルデザイングループの軌跡アップルデザイン―アップルインダストリアルデザイングループの軌跡
(1998/07)
ポール クンケル

商品詳細を見る

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。