Hisakazu Hirabayashi * Official Blogいつもありがとう、「嘘」について

いつもありがとう、「嘘」について

いつもコメントやメールをくださるt-hiklさん、きちんとお返事が書けなくてゴメンナサイ。
いつか、「嘘」についての考察メールをいただきましたよね。

クリエイティブといっても、それは「嘘の創作ではないか?」

すごく、おもしろかったです。
私自身、考えさせられるものがありました。
で、まったくあのメールとは趣旨ハズレなんですが、昔、こんなのを見つけていて、いつか使えるのではないかと思い、ブックマークしていたんですよ。

直接の参考にはならないかと思いますがご紹介させていただきます。


●質問者
次のa、b、cのうち、正直者が一人だけいますが、誰が正直者なんですか?
a「わたしは正直者です」
b「aは嘘つきです。私が正直者です」
c「bは嘘つきです。本当は、私が正直者です」

●回答者
答えがばらついていますが、嘘つきの定義の仕方により答えは変わってくると思います。

①「嘘つきは部分的にも正しいことは決して言わない」場合。
正直者はbです。
a「わたしは正直者です」→嘘です。
b「aは嘘つきです」→本当です。「私が正直者です」→本当です。
c「bは嘘つきです」→嘘です。「本当は、私が正直者です」→嘘です。

②「嘘つきは1回の発言の中で少なくとも1個は嘘をつく」場合。
答えはa、b、cいずれも当てはまります。

aが正直者の場合。
a「わたしは正直者です」→本当です。
b「aは嘘つきです」→嘘です。「私が正直者です」→嘘です。
c「bは嘘つきです」→本当です。「本当は、私が正直者です」→嘘です。
b、cの発言に嘘が含まれています。

bが正直者の場合。
a「わたしは正直者です」→嘘です。
b「aは嘘つきです」→本当です。「私が正直者です」→本当です。
c「bは嘘つきです」→嘘です。「本当は、私が正直者です」→嘘です。
a、cの発言に嘘が含まれています。

cが正直者の場合。
a「わたしは正直者です」→嘘です。
b「aは嘘つきです。」→本当です。「私が正直者です」→嘘です。
c「bは嘘つきです。」→本当です。「本当は、私が正直者です」→本当です。
a、bの発言に嘘が含まれています。

以上より嘘つきの定義によって答えは異なりますが、出題者の意図を深読みすれば解答が1つに決まることから①のほうの意味で出題していることが予想されます。そうすると①の答えbと答えるのが無難な答えだろうと思います。

(Yahoo!知恵袋 sushi_yakinikuさんの回答より)

Comment

もうちょっと足すと
嘘についてもうちょっと足すと、他人をかばったり、助けるための嘘ならいいかなぁ~と…

保身のためにつく嘘はどうかな…

ま、命に関わることだったらやむをえないと思いますけど…
  • 2009/02/16 09:39
  • t-hikl
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。