Hisakazu Hirabayashi * Official Blog本当はマラソン、でも短距離走のつなぎあわせ

本当はマラソン、でも短距離走のつなぎあわせ



つい最近の出来事、1日で原稿を書く量の最高記録をつくりました。
といっても、遅筆、いや、怠け者の私ですから、たいした量ではなく400字詰の原稿用紙で換算して30枚です。

物書きとして最低ですが、ひどい時には1枚。
もっとひどい時には書き直すことを決めて、マイナス5枚なんてことがある私にしては、驚異的な枚数でありました。

今年、私は原点に帰って、コンスタントに15~20枚の原稿を一日で書ける、モチベーションを維持し、頭脳を働かせ、1日のペース配分をつくることを目標にしていました。

なので、もっと書ける方はたくさんいらっしゃいますが、私にとっての30枚は、本当に自分でもビックリなのです。

で、新記録の30枚を打ち立てると、調子に乗るのが私の悪いところ。
何をしっかりと書くべきかを考えてこそ、しっかりとした仕事人なのに、ちょっとスピード記録にハマっています。

自分がどうありたいか?
重ね合わせるべきは、著述者であるべきなのですが、浮かれた心はなぜか、北京オリンピックの金メダリスト、ウサイン・ボルトが目標に。

まったく愚かな連想だと思います。
でも、原稿を書く作業って、マラソンというよりは100メートル走のつなぎあわせのイメージがあるのですね。

ウォーミングアップして、位置について、ヨーイ、ドン。
ゴールをしても急に止まらずに余力で走ってから停止。

ウォーミングアップして、位置について、ヨーイ、ドン。
ゴールをしても急に止まらずに余力で走ってから停止。

その繰り返しのようなのです。
それが、今の私の能力の限界であり、心境です。

本当は、毎回のスタートやゴールをするのではなく、負荷のかからないマラソン型がいいのかもしれません。いずれ、そうなりたいなと思いつつ、まだまだ経験不足であるような気がします。

Comment

持続力
私、継続力というか、ものごとを続けてやる、ということがあまりありません。
楽しい事ならやるんですけどね。

ちょっと話それるかもしれませんが、毎日やることってやっぱり大切だと思います。
自分が「これやりたーい!」と思ったら特に。
プロほど、そういうことやってると思いますしね。

私も何か一つのことでいいから極めたいもんです(-_-;)
  • 2009/03/04 15:00
  • t-hikl
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。