Hisakazu Hirabayashi * Official BlogCDを300万枚配ったプリンス

CDを300万枚配ったプリンス



07年の夏のことでしたが、ミュージシャンのプリンスが、英国の新聞のおまけとして新作CD『The Planet Earth』を配って、話題になったことがあります。

その数は300万枚。100万枚売れればミリオンセラー、300万枚売れれば、トリプルミリオンセラー……なのに、コストをかけて配布してしまったのです。

自らCDの売上を妨害しているようなものなのですが、これは昨日のエントリー同様にコンサートツアー、ライブの宣伝目的で、見事にこの作戦は成功しました。300万枚のCDを売るよりも、プリンスはライブで収益を上げました。

プリンスのこのエピソード。
そしてマイケル・ジャクソンもそうですが、このライブ中心主義はメディアビジネスを考えるうえで、ざっと数えただけでも10個くらいの隠されたメッセージが込められています。

また、続くです。
……が、WBCの日本対キューバ戦で何か思うことがあれば話が挿入されるかもしれません。
その節は、ご容赦ください。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。