Hisakazu Hirabayashi * Official Blog「どうなってしまう? テレビのこれから」のその後

「どうなってしまう? テレビのこれから」のその後

昨日、今日と日本中のブロガーたちは、WBCの話題で持ちきりでしょうか。
千両役者です。
イチロー。

さて私、NHK番組「日本の、これから」の特集、「どうなってしまう? テレビのこれから」について、それこそテレビを観ながら「これから」を考えると、いてもたってもいられなくなって、まるでTwitterに投稿するかのように、現在進行形で、思うままを書きつらねておりました。先週の土曜日。

(1)せっかく良いテーマなのに、議論が掘り下がっていかない。
(2)今後のテレビを良くするためのタブーが避けられている。
(3)インターネットとテレビの話をすると議論が空転する。

そんな思いが強く……つれづれなるままに。

で、明けて月曜から現在にいたるまで、何が起きたかというと、このサイトを訪ねてくださる方のうち、同番組に関心がある(あった方)が、かなり多いことがわかりました。

サイトオーナー(=私)は、2種類の方法で検索ワードがわかるのですが、「テレビ」「これから」「どうなってしまう?」「日本の、これから」がどちらのデータを見ても急増しているのがわかります。

番組もさることながら、まさに番組名である「どうなってしまう? テレビのこれから」について、一般視聴者の方をはじめ、隣接する分野の業界人……私の場合はゲーム、IT、広告業界の方たちでしょう……いかにテレビの将来を気にしているのか。その息吹がデータから、ひしひしと伝わってくるようでありました。

で、昨日は私、抜釘手術のため、非常に短いエントリーでしたが、「テレビのこれから」を検索してくださる方、いっこうに減る気配はありません。

また、ご批判、同感のご意見、ご自身の意見を綴ってくださったものなど、たくさんのメールを頂戴しました。

そんな、数あるメールの中で、メールボックスを開いてみたら驚くことがありました。

「どうなってしまう? テレビのこれから」。
そのうちの一通に同番組のディレクターさんからのメールがあったのです。

(つづく)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。