Hisakazu Hirabayashi * Official Blog楽天×TBS-通信と放送の融合ならず

楽天×TBS-通信と放送の融合ならず

楽天は昨日、保有するTBSの株式(発行済み株式の20%弱)を、すべて売却すると発表しました。
これで両者の合併はおろか、提携も道も閉ざされたことになるでしょう。

この道はいつか来た道。

ソフトバンク×テレビ朝日
AOL×タイムワーナーグループ
ライブドア×フジテレビ

そして今度は……

楽天×TBS

この合併ゲームのプレイヤー。
特にインターネット企業側の若き経営者は、「通信と放送の融合」と大きなアドバルーンを上げたところが共通しています。

技術論としては、まったくもってその通りです。
通信も放送も、同じデジタル情報を送受信しているわけなので、両者の垣根は、なくなってしかるべきです。

私、この概念はよくわかります。
ですが、次世代メディアの研究家ではない、ごく一般の人々にとって「通信と放送の融合」というビッグピクチャは、よくわからない。

“だから何?”と受けとめらています。

「通信と放送の融合」。
この説明には、欠けているものが2つあります。

1.何を融合するのか
2.融合するとどうなるのか

そこまでそろって、社会が“わかった”の状態になるのです。

くだらない比喩を使わせていただくと、「通信と放送の融合」は「醤油とみりんの融合」みたいなもので、料理がわからない人にとっては“だから何?”なわけです。

1.何を融合するのか=金目鯛
2.融合するとどうなるのか=煮付けができて甘くておいしい

となれば、「醤油とみりんの融合」の効用が“わかった”の状態になったことでしょう。

「通信と放送の融合」は、「醤油とみりんの融合」なんです。
わかる人にはわかって、わからない人にはわからない概念。

……「楽天、TBS株売却」のニュースを読んで、私の脳裏をよぎったのは「醤油とみりんの融合」はやっぱりダメだったか、でした。

Comment

麺つゆになどに限れば,
醤油とみりんが融合した商品はありますけどね。
  • 2009/04/01 16:48
  • あかお
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。