Hisakazu Hirabayashi * Official Blog一番難しい敬語は?

一番難しい敬語は?

  • Day:2009.04.08 11:06
  • Cat:言葉
敬語は難しい。

就職活動をまえにした学生さん向けの授業や、新入社員の研修をお引き受けしたときに、私はよく、敬語翻訳ゲームをやる。

日本語を覚えている外国人の友人と、まさにゲーム感覚で遊ぶこともある。

私が日常語、それも、かなり柄の悪い言葉で話す。
それを、きれいなビジネスで使える敬語になおしてもらうのだ。


「わかんねーよ」

「わかりかねます」

「今、見せてやるからさー。ちょっと待ってて」

「ただ今、ご覧いただけます。少々、お待ちくださいませ」


例を挙げると、このような言い換えをグループでやって、早くできると「勝ち」。
敬語翻訳ゲームをやると、皆、それなりにできる。
いい勝負になる。

だが、私の経験上、50人にひとりくらいしかできない難問がある。
しかも、実際のビジネスの現場ではよく使う。

こういうケースだ。

話者(私)は、先方の会社の担当者A氏に、“ある事柄X”を電話で伝えた。
さらにその“ある事柄X”を、A氏の上司でもある、B氏に伝達してもらうようにお願いした。

電話を切る。
時間が経つ。
翌日、私は上司B氏と電話で話をした。
ところが、A氏に言ったことがB氏に伝わっていない。

さあ、この場面。
柄の悪い言葉で話すとこうなる。

「昨日(きのう)さー、Aさんに言ったんだけど、聞いてないの?」である。

「聞いてないの?」が曲者で、たいていの人は「お聞きになっていませんか?」と翻訳する。
だが、敬語の原則は「お聞き及び」だ。

したがって、
昨日(さくじつ)、Aさんに申し上げたのですが、お聞き及びではございませんでしたか?
が正解となる。

ところが、この「お聞き及び」は慣れない人が使うと、すごく嫌味ったらしくなる。
慇懃無礼な感じがする。新入社員が使いこなすには、かなりハードルが高い。

でも、いつか使いこなせるようになってほしいと思って、私は敬語翻訳ゲームをやると、必ず「聞いてないの?」の出題をする。

Comment

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2012/09/08 17:01
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2012/09/25 14:03
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2013/01/09 11:50
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2013/03/01 23:42
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2013/04/20 08:19
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2013/04/21 08:28
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。