Hisakazu Hirabayashi * Official Blog続・高まるゲーム業界不安指数

続・高まるゲーム業界不安指数

16日のエントリーで、「高まるゲーム業界不安指数」という表題をつけたら、アクセス数と、いただくメール数が急増している。

アクセス解析をすると、このエントリーをリンクしているサイトも多いこともわかった。
ついでわかったことだが、アクセス地域とIPアドレスで、ゲーム会社社員の方が多くご覧になっていることも、類推できてしまう。

Googleでゲーム 不安指数と検索すると、一番上に表示されるのが、このエントリーとなっていることも、もちろんアクセス増と関係ある。

翌日へとつなぐため、「つづく」で終えたこの記事。
ご覧いただいた通りで、私はゲーム業界不安を訴えていたわけではない。

しかし、少数名の方たちとの会話の様子について、雑感を述べただけだった。
前ふりのつもりで書いた記事だった。
だが、その記事へのレスポンスを見ると、とてもではないが、少数の方が何気なく不安感を述べたのではなく、多数の人が過敏になっていることが、よりはっきりと見えてきた。

さらに。
よりよって17日には任天堂株が反落、3月米ビデオゲーム売上高を嫌気のニュースが飛びかった。これら報道をうけて、任天堂株は、1,860円安(前日比/-6.63%)と同銘柄にしては、めったにない下げ幅を記録して先週末の取引を終えた。

私の考えは、また改めて書くことにするが、ゲーム業界が不安と感じている人が多い=世の中のゲーム業界不安指数は、想定した以上に高かったことを、ここにご報告する。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。