Hisakazu Hirabayashi * Official Blogそのことは、謝罪会見でも言えない

そのことは、謝罪会見でも言えない

3月21日、NHKの討論番組、『テレビの、これから』について、放送中から立て続けにエントリーをし、その後日談まで書いたことがあった。

放送の世界。
歴然としたタブーがあって、この討論番組では、このことになかなか触れないので、私は何度も「隔靴掻痒の感」と評していた。

バラエティ番組は触れない。
報道番組も触れない。
討論番組でも触れない。
そして、謝罪会見でも触れない。

でも、真偽のほどはともかく、インターネット上には、いくらでも固有名詞が出ている。

北野誠 ラジオ

タテマエを重んじるマスメディア、すべての情報に信憑性があるとはいえないインターネット。
このメディアの役割と位置づけの二層分離のなかで、私たちはいる。
不健全な健全、あるいは健全な不健全とでもいうべきか。

しかし、私たちはメディアに対するリテラシーが高いので、簡単に言えばバカじゃあないんだから、どのへんが真相なのか、あらかたの察しがついてしまうのも確かだ。
それもまた、不健全な健全、あるいは健全な不健全だと思うのである。





そしてテレビ番組は、あっさりと「次にまいります」と進行されていく。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。