Hisakazu Hirabayashi * Official Blog深刻なエラーが発生しました

深刻なエラーが発生しました

「重大なエラーが発生しました」
「深刻なエラーが発生しました」
……はドキッとする、Windowsのエラーメッセージだ。

おそらく、原文ではCriticalと表記されている。
それが「重大」とか「深刻」とかに訳されてしまったのではないかと推定する。

私の英語の知識は拙いが、Criticalは意外と頻繁に使われる用語だと思う。
このCriticalに振り回されているのだ。

「今、このプロジェクトはCriticalな状態なんだ」

と、言われると、明日にでもプロジェクトが破綻しそうなイメージがあるが、単に「重要な」程度の意味で使われることがある。

なので「重大」、ましてや「深刻」のような、人の感情を揺さぶるような表現をしない。
もっと大胆に、いっそのことCriticalを訳さない。
「エラーが発生しました」だけですます。

その後に対処法が書かれているくらいで、十分なのではないだろうか。
少なくとも私は、「重大」「深刻」を無視して「あ、エラーだ」と思うにとどめている。

Criticalは無視を決め込めばいいのだが、次の直訳された文章は意味がわかりにくい。
アプリーションを削除したときに、よく、こんなメッセージが出てくる。

システム上で、次の共有ファイルはどのプログラムでも使用されていません。
他のプログラムがまだこのファイルを使用する場合、削除するとプログラムが動作しなくなる恐れがあります。共有ファイルを削除してもよいですか?


共有ファイル?
使用されていない?
他のプログラムがまだこのファイルを使用する?
削除するとプログラムが動作しなくなる?
……と説明されて、
共有ファイルを削除してもよいですか?
……と質問される。

よほど、コンピュータに詳しくない限り、「はい」とも「いいえ」とも答えにくい質問だ。

機能や速度だけではなく、Windows7ではメッセージの改善なども行ってほしいのだが、現実は無理であるような気がする。

なぜならば、Windows7の紹介サイトが直訳された文章で埋め尽くされているからだ。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。