Hisakazu Hirabayashi * Official Blog珍しい手本引きの動画

珍しい手本引きの動画

先週の講演で、話の流れのなかでテ・ホ・ン・ビ・キについて触れた。
真っ当な世界で育ってきた若者は、テ・ホ・ン・ビ・キという音だけ聞いても何がなんだか、わからないだろう。

私の世代以上の方で、東映映画/藤純子主演『緋牡丹お竜』のファン。
そして、阿佐田哲也の小説のファンでないと、テ・ホ・ン・ビ・キは「手本引き」で、日本伝統の数当てカードゲーム……と、連想はつながっていかないはずだ。

たぶん、ないだろうな?
……と思いつつ、YouTubeで「手本引き」を検索してみたら、ひとつだけ動画があった。
ご参考までに。



そして、ゲーム内容についてはwikiよりも、このサイトこのサイトが詳しい。
小説では、なんといっても『麻雀放浪記』の外伝ともいえる、この本が傑作だ。
手本引きのシーンの心理描写が巧みで、文章を読んでいるだけで、この魔的な遊技のなかに、引きずり込まれていくような気がする。


ドサ健ばくち地獄 (上) (角川文庫 (5834))ドサ健ばくち地獄 (上) (角川文庫 (5834))
(1984/09)
阿佐田 哲也

商品詳細を見る

ドサ健ばくち地獄 (下) (角川文庫 (5835))ドサ健ばくち地獄 (下) (角川文庫 (5835))
(1984/09)
阿佐田 哲也

商品詳細を見る

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。