Hisakazu Hirabayashi * Official BlogE3の雰囲気

E3の雰囲気

E3のことを立て続けにエントリーしていた今週、お問い合せのメールをたくさんいただいております。業界外の方、特に学生の皆さんからのお問い合せには、なるべくわかりやすく、お返事を書いているつもりです。

ですが、業界内の方で、業界動向全体、個別企業、個別ハード、個別ソフトやサービスついては、基本的にビジネスモードで対応させていただきますこと、ご承知おきください。当ブログをご訪問いただき、ご質問を頂戴いたしましたことについては、心より感謝申し上げます。必要であれば、お打ち合わせさせていただきますので仰せつけください。エラソーですみません。

……という前置きはさておき、E3に行ったことがないが、来年、ゲーム会社に就職が内定している学生さんから、「E3ってどんな雰囲気ですか?」というご主旨の質問をいただいた。同じことをお知りになりたい方もいるかと思うので、このご質問についてはエントリーでお答えいたします。

まず、とても大事なこと。
E3はLos Angeles Convention Centerという、関東圏でいえば幕張メッセみたいな展示場で開催されています。そこで、どんなことをやっているかというと、ビジュアルとしては、東京ゲームショウに似ています。

場内は企業ごとにブースで仕切られ、それぞれの新作ソフトが並び、試遊できるようになっています。ただし、決定的に東京ゲームショウと異なるのは、一般ユーザーは入場禁止。「入場証の裏面には18歳未満は入ってはいけない」と明記されています。あくまでも、バイヤーとメディアを対象とした商談の場なのです。

それと、もうひとつ、東京ゲームショウと大きく異なるのは、会場での展示会の前日、前々日あたりから、大手企業各社がプレスカンファレンスと呼ばれる、大型の記者会見を行います。下の動画を含め、このブログでは各社の会見での発表内容を紹介しています。

プレスカンファレンスは、E3会場(Los Angeles Convention Center)ではなく、ソニーだったらソニー・ピクチャー・スタジオ、任天堂だったらアカデミー賞の発表を例年行っているコダックシアターのように、まったく別の巨大会場で行われます。

これでは開催目的や会場についての説明ですね……。
そうそう、お問い合せだったのは、雰囲気。

うーん、アメリカっぽいです。


なんでも大きくて、移動距離が長くて、自己主張が激しくて、テロ対策のチェックが厳しくて、パーティーが好きで、男性のファッションはチノパン主流で、女性の香水の匂いがきつくて、みんな早口で、そして、E3会場内の食事は、絵文字で手のひらを描きたくなるような味がします。

これでお答えになってますでしょうか?

あと、これは私の個人的なイメージなんですが、クイーン(Queen=英国のロックバンド)のWe Will Rock Youが、いつでも流れているイメージがあります。

足踏みしてノリがいいし、アグレッシブだし。
プレスカンファレンスがはじまるまえ、場内に流すBGMで、最もよく使われているのは、この曲ではないでしょうか。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。