Hisakazu Hirabayashi * Official Blogカテゴライズされる人になる

カテゴライズされる人になる

お気づきかもしれないが、昨日からblogramの会員登録をし、ランキング参加ボタンをつけてみた。

私のブログの成分分析や見どころを解析。
blogram側のサーバーが、カテゴリーを振り分けてランキングをつけてくれる。
この試みはおもしろいと思ったのだ。

私は怠け者であることと、自分の考えと読者の方の反応の違いを知る意味で、何かのランキングには入っているべきだと思い、またそういう助言もいただいたので、FC2の社長ランキングには開設(移設)以来、ずっと参加してきた。

他にも人気ブログランキングや、にほんブログ村など、ブログランキングはいろいろある。これらに登録してみようか、と思ったこともあったが、困るのはカテゴリーである。

旅・地域・生活・ファッション・美容・ダイエット・恋愛・グルメ・ペット・写真・音楽・芸能・映画・テレビ・演劇・お笑い・ゲーム・アニメ・漫画・イラスト・小説・車・バイク・鉄道・美術・デザイン・園芸・競馬・ 釣り・アウトドア・自転車・サッカー・野球・格闘技・ゴルフ・テニス・マリンスポーツ・スキー・スノボ・株・為替・英語・転職・キャリア・就職・人事・労務・経済・経営・ベンチャー・政治・ニュース・教育・哲学・思想科学・環境・ネット・動画紹介・ネット・IT技術・携帯・モバイル……とカテゴリーを並べられても、どれにしたらよいのか迷う。

なんたって、私のブログは一見すると、支離滅裂だが、思考やものの見方は首尾一貫していることを、目指している。かっこよく言い訳をすると、だが。

そして、完全なエッセイやコラムを毎日書くのは、私の文才と与えられた時間では無理なので、ここで書いたことが、読んでくださる皆さんの脳内で、化学反応を起こしてくれればいい。そんなことも、目指してきたつもりだ。これまた、かっこよく言い訳をすると、だが。

そういう立場からすると、社長ブログというのは「なんでもあり」の感じがして選びやすかった。
でも、昔のホリエモンのブログが、ある種の雛形をつくってしまったのだろうか。

朝からエネルギッシュに働いて、会議をすれば難題にぶつかるが、若い仲間と一緒にその困難は克服される。夕刻にはVIPと会い、夜は高級レストランで食事。それでも、帰宅してからの読書を欠かさず、日々勉強が大事だ、みたいな人生訓で終わる。そして休日はスポーツジムやゴルフに行ったことを書いたりして……。そんな「社長の日記」は、性に合わない。

というか、私の仕事のスタイルは全然社長っぽくないし、よほどのことがない限り、面談者や会議の参加者のお名前や企業名を書きたくない、また、書くべきではないと考えている。

ああ、長々となってしまったが、そういうカテゴライズできない自分にとって、第三者が分析すると、どうなるのか?

自分でカテゴリーを登録するのではなく、カテゴリーを決められるというのは、どんなものなのか?
純粋な興味があったのだ。

それと、ブログ中から重要言語を選び出し、重みづけを行い、言語というアナログな情報を数値化し、分類をしたうえで順位づけするのであろう、サーバーのアルゴリズムはどんな実力があるのか?

こんなことについても興味があった。
感性の数値化、今後のIT業界やデジタル製品の重要テーマだと思うからだ。

簡単に言うと、AmazonのリコメンドシステムやアップルのGenius、マイクロソフトのMixViewなどと関連する。

そんなわけで、投票をするというよりは、私の感性を覗き見るつもりで、みなさん、たまにblogramのボタンを押してみてください。

追伸

今の堀江貴文のブログは社会性があり、昔とは大違いだ。文体も違う。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。