Hisakazu Hirabayashi * Official Blog政治家と呼ばれる人の絶対的な共通点

政治家と呼ばれる人の絶対的な共通点

  • Day:2009.07.06 00:04
  • Cat:政治
今年の夏は、選挙の夏だ。
東京では都議選が告示され、12日が投票日だ。
前静岡文化芸術大学長の川勝平太候補が勝った静岡知事選に続いて、いよいよ衆議院総選挙が行われる。たぶん、8月。

若者が選挙に行かない。
昨日の静岡知事選は投票率は高かったようだが、どの選挙もおしなべて有権者の関心が下がってきている。

そこで、選挙管理委員会は必死で、啓発事業と称して多額な予算を使い、PR活動を行うことになる。
東京都選挙管理委員会では、劇団ひとりを起用したリッチなWEBコンテンツをつくり、テレビCMまで放送している。

選挙管理委員会ばかりではない。
財団法人・明るい選挙推進協会という団体がある。
この団体では、「めいすいくん」という、いわゆる“ゆるキャラ”の見本のようなキャラクターをおこして、啓発事業を行っている。めいすいとは、「明るい選挙推進運動」の「明」と「推」を引用しているらしい。

meisui.gif
▲これが「めいすいくん」

そして、各都道府県の選挙管理委員会と明るい選挙推進協会は協力し合っていて、前述の劇団ひとりを起用したWEB内には、めいすいくんブログがある。

chiyoda.jpg
▲これがトイレットペーパー

話は細かくなるが、同ブログによると、千代田区選挙管理委員会はめいすいくんを印刷したトイレットペーパーをつくったそうだ(上の写真)。

さらに話は細かくなるが、西東京市選挙管理委員会も同様のトイレットペーパーをつくっており、それにはQRコードまで印刷されていて、ブログの本文では「アクセスしてみて」と、カジュアルな口調で呼びかけている。

私は、若者……というか、すべからく有権者は、投票にいくのが望ましいと考える人である。

(1)選挙違反のない、きれいな選挙が行われること
(2)有権者がこぞって投票に参加すること
(3)有権者が普段から政治と選挙に関心を持ち、候補者の人物や政見、政党の政策などを見る目を養うこと

めいすいくんの生みの親、財団法人・明るい選挙推進協会は、上記(1)(2)(3)を主張しているが、私の考えと大差はない。

投票率を上げるため、選挙に行くことを義務化(選挙に行かないと罰金をとられる)することを主張する識者もいる。だが、主権在民の本筋からはずれた制度だと思う。やはり、義務ではなく、正当な国民の権利として選挙権が行使されるのが、私は望ましいと考えている。

だが、その啓発事業とやらのコミュニケーション・デザインの程度の低さには、納税者として腹立たしさを感じる。なぜ、劇団ひとり? なぜ、めいすいくん? なぜ、トイレットペーパー?

選挙の必要性を本質から説明することを避けて、ユーモラスなCMやポスター制作に逃避しているようにしか思えない。それで有権者は、本当に投票行動をすると、考えているのだろうか?

テレビCMの表現やキャラクターといった、表面のことを批判しているのではない。
有権者と立候補者の激しい心のギャップが、わかっていないような気がする。

ところで、自民党、民主党、共産党……党派にかかわらず、およそ政治家と呼ばれる人の絶対的な共通点は何だろう?

自民党の御年70歳近い道路族の衆議院議員も、30歳になったばかりの共産党の市議会議員も、男性議員も女性議員も、まったく共通している点があるのだ。所属政党や政策を飛び越えた、圧倒的な類似性。

それは……
セクシー浴衣で歌舞伎町を遊説する後藤麻衣都議会議員候補も、自民党総裁候補になることを打診した東国原英夫宮崎県知事も、津島修治の甥にあたる津島雄二衆議院議員も、同類であることを意味するのだ。

(つづく)

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/07/06 12:25
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。