Hisakazu Hirabayashi * Official Blog『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』の感想・まとめ

『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』の感想・まとめ

話をまとめます。

私が『ドラクエ9』をはじめたのは、先週の土曜日からだった。
過去3回のエントリーで批判的なことを書いているが、私自身、かなり楽しんでプレイしていた。

正直な感想として、生まれてはじめて『ドラゴンクエスト』をやったときの興奮と、同じものがあるかというと、そうではなかった。覚めてプレイしていた。覚めてはいたが、売れている本数が多いというのはすごいことで、すれちがい通信は嬉々として楽しんでいた。

ところが、何人からの知らせで「『ドラクエ9』がアマゾンで酷評されている」と聞いた。
実際にそうであり、このことを報道したサイトもあった。
その時にピンと来たのが、可愛さ余って憎さ百倍という言葉だった。

ここは正式名称で書く。『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』は、たくさん……それこそ何百万人のユーザーから、強い信頼、愛情、尊敬の念を一心に集めていた。だが、その期待を少しでも裏切ると、反動が起きる。まさに人間心理の問題がそこに横たわっていると思ったのだ。

「こういう場合に、星1つつけるのはよくありません。他のゲームと比較してみてください。はるかに良くできているでしょう。でも、星5つでないお気持ちはよくわかります。せめて星4つか3つにしてはいかがですか?」といった論理的な話をしても無意味だ。

論理ではないのだ。
心理なのだ。

レビューをしたいのではない。
愛するがゆえの憎さ百倍を、表現したい人がいるのだ。
その心のぶつけどころが、星1つになったのだと思った。

さらに、ここでまた心理学的な問題にぶつかる。
あるユーザーが、可愛さ余って憎さ百倍の心理で、アマゾンの『ドラクエ9』のページを見たとしよう。
その人物は「少し辛い点数をつけようかな」程度に思っていたとする。

だが、過去の様子を見ると、圧倒的に多いのは星1つ、である。
すると、人は皆と同じことをするのが安全という心理が働く。
専門用語でいうところの同調行動が起きる。
俗に言う群集心理、である。

さらに、である。
「鬼の首を取ったように……」という言い方があるように、人間は相手が大きければ大きいほど、その対象との戦いから自尊感情を満たすことができる。

その点、『ドラクエ9』は絶好のターゲットになりえてしまう。
売上5000本のソフトの悪い点を、どんなに酷評しても自尊感情は満たされない。

今、アマゾンはどうなっているのだろう?
これまたおもしろい現象が起きている。
レビューの件数は、さほど増えていないのだ。
1日あたり10件くらいしか増えていない。

そのかわり、勇気を持って先陣を切って書いたレビューワーたちの意見に、追随する人が増えているようだ。酷評しているレビューを読み、「このレビューは参考になりましたか?」 の問いに対して「はい」をクリックしている。こういう行動を心理学的用語では追従と書いて“ついしょう”と読む。

なんだか、心理学の話で間延びしてしまったが、そもそもは

「はじめまして」からはじまる初対面(?)の方から、「ぶっちゃけどーですか?」という友人まで。昨夜あたりから、『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』感想を書いてくれのリクエストのメール多し。


が起点だった。
「はじめから、それを書けよ」というツッコミはなしにしていただいて、思うところを述べる。

まず、一番切ない話をすると『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』は、ものすごく売れるかもしれないが、かつてのような社会現象を起こさなかった。発売日の行列を徹夜で取材した経験がある者にとっては、寂しいかぎりである。

それどころか、一部ではあるが社会を敵にまわす結果となった。ドラゴンクエストを発売するということは、マーケティングをうまくやり、市場適合させることではない。もっと大きな、社会を動かすことだ。それは、社会心理学と密接に結びつく……というオチに持ってきたくて、心理学の話をしてみた。

「私がはじめて言った」とは、言わないし、言えない。
だが、私はかなり早い時期、そう、たぶん『ドラゴンクエストⅢ~そして伝説へ』発売の頃だから、88年からドラゴンクエストのことを、格別な敬意を払って「国民的ゲーム」と呼んできた。

それが今でも他メディアにも普及し、一種の枕詞になっていることを、私はひそかに誇りに思ってきた。最近もその趣旨を伝える原稿を書いた。『スーパーマリオブラザーズ』にも、『ファイナルファンタジー』にも、『ポケットモンスター』にも……他のどんなに名作・ヒット作にも、「国民的」……なんて形容をしたことはない。

ドラゴンクエストだけが許された、ドラゴンクエストのためにとっておいた賛辞。
最大限の敬意を込めた枕詞を、残念ながら、『ドラクエ9』にはつけることはできない。
まさに私が可愛さ余って……なのかもしれない。

でも、こういうフォローをすること自体が悲しいが、星1つであろうはずがない。
これが、「ぶっちゃけどーですか?」の答え、であります。

Comment

こんにちわ。
文学にしろ、音楽にしろ、選択肢が少なかった頃なら国民的という枕詞が成立したかも知れないけれども、ゲームもその時代を迎えたということでしょうか。

ところでドラクエに限らず、たとえば世論にしても
論理より感情的なもので左右されがちですよね。
そこにいろんな意見があってもいいのに、ほとんどは
白か黒の対立項しかない、結局は多数こそが正義的な
無言の空気が気にかかります。
特にダイレクトに広く物言いができるようになった
ネット時代では、なおさらです。

ドラクエはかなり前に卒業しましたが、ゲームは
いまだ現役です。でも、どこかで「たかが、
ゲームやん。」て気持ちがあるからこそ、
いまだにゲームが好きなんだろうな、と思います。

誤解を招きやすいかもしれないけど、自分や他人を
追いつめる時代の中にあって「たかが~」のもつ
クッションのような効用は侮れないように思います。

「たかが、ドラクエじゃん。」
「されど、ドラクエだよね。」
  • 2009/07/17 13:08
  • あかみどり
  • URL
あかみどりさん、コメント、ありがとうございます
>文学にしろ、音楽にしろ、選択肢が少なかった頃なら国民的という枕詞が成立したかも知れないけれども、ゲームもその時代を迎えたということでしょうか。

はい。そういう側面があると思いながら、書いておりました。

それと、お書きになられている「白か黒の対立」にからむ話なのですが、私、『ドラクエ9』の一番偉いところはメッセージウインドウで、大きな文字、漢字を使いすぎず、使わなすぎず、的確に使って、そこに白抜き文字よりも目立たないグレーのふりがなが入る……なんてのは、ドラクエらしい言葉へのこだわりだなと思っておりました。今もいたく感心しながらプレイしております。

でも、あまりこのことは触れないでギャル言葉ばかりに批判の矛先が向かう。「黒」って言いやすいからでしょうね。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。