Hisakazu Hirabayashi * Official Blog名プロデューサーは豹変する

名プロデューサーは豹変する

  • Day:2009.07.24 15:09
  • Cat:働く
確かに、プロデューサーはスケジュールの管理をする。
だが、今日、プロジェクトの構成員がどれだけ仕事をして、全体の作業量の何%をこなしたか? を計算するのがプロデューサーの仕事ではない。

プロデューサーの大切なスケジュール管理とは……あえて過激に決めつけてしまおう。
モノづくりの工程を、前半戦と後半戦の真っ二つに分けることだ。
そこに独特な感性と決断力が求められる。

いきなり何を?
と思われる方が多いと思うので、詳しく説明しよう。

モノづくりの前半とは、自由闊達がいいのだ。
「こんなアイデアはどう?」
「私、昔からネタを持っていたんですけど……」

作り手の意見を止めない。止めないどころかドンドンと引き出す。
専門用語で言うと、クリエイター・オリエンテッド(Creator oriented=作り手志向)を心がける。モノづくりの出だしで、作り手の意欲が燃えずして、どうして良いモノができよう? スタートダッシュは肝心なのだ。

作り手が自由に意見を出せない場合もある。ゲーム業界やIT業界の俗語で言うと、「やらされ仕事」というのもある。であるならば、そのチームに蔓延する「やらされ感」を排除していくのが、プロデューサーの重要な役割だ。

たとえ「やらされ仕事」であったとしても、そこに作り手の創意工夫の余地は無いのか。絶対あるはずだ。その意気込みを引き出して、率いるメンバーのマインドを鼓舞していかなくてはならない。

「ゴリラの鼻くそ!」
「お、それはおもしろいじゃないか!」

発案に対して否定意見はなく、新しい案が、また新しい案を生む。
こういうリズム、テンポを生むのが、の前半戦の鍵である。

作り手は、クリエイターというくらいで、モノを生む神様のような存在だ。
神の意志を尊重しなくていけない。
作り手=性善説を信じる者になりきるのが、プロデューサーの仕事だ。

話は急転直下、変わる。

ところが、作り手は概してわがままという側面も持つ。
顧客ニーズよりも自己表現欲求が強い。
そして、締め切りがないとサボるし、あまりに自分の作業に没頭しすぎて、周囲が見えなくなることが往々にある。

こういう気配が感じられたなら、後半戦が訪れているサインだ。
後半戦は前半戦の正反対である。

クリエイター・オリエンテッド(Creator oriented=作り手志向)をやめる。
カスタマー・オリエンテッド(Customer oriented=顧客志向)に切り替える。

アイデアをつけるのではなく、むしろ削る方向でシェイプアップしていく。
作り手=性善説は捨てる。心を鬼にして、作り手=性悪説に思考を変える。

名プロデューサーは君子でなければならず、豹変が仕事なのだ。

この重大なターニングポイントは、モノづくりの過程において必ずやってくる。
便宜上、前半戦・後半戦と書いたが、これは45分ハーフのサッカーの試合のように、全製作工程の時間を2等分するという意味ではない。

創作物の完成度、組織に流れる空気などを解読して2等分するのだ。
なので、前半戦が10か月間、後半戦が2か月間ということもありえる。

この時の流れの読解力と判断力こそが、プロデューサーがなすべき、本当の意味でのスケジュール管理だろう。

しかし、プロデューサー育成を唱える教育現場では、作業項目を並べてマニュアルのようにして教えているのが実態だ。

(この話をしていくと延々と続きそうなので中締め、とします)

Comment

日本の、特にゲームのプロデューサは、
・雑用が多すぎる
・抱えているプロジェクトが多すぎる
・報酬が少なすぎる
の3つで、まともにプロデュース業務が出来ていないように思います。私は受託開発のゲーム会社でスクリプトをやっていましたが、制作(プロデュース畑)に近い場所で仕事をしていましたので、特にそう思いました。
  • 2009/07/25 00:11
  • nagtos
  • URL
  • Edit
nagtosさん、コメント、ありがとうございます
・雑用が多すぎる
・抱えているプロジェクトが多すぎる
・報酬が少なすぎる

現状はおっしゃる通りで、プロデューサー個人の資質や能力ではなく、プロデューサーをプロデュースする経営者の意識の問題が多々あります。

ウチにはそんな資金的余裕はない、と言われてしまったら終わりなのですが、

・雑用が多すぎる
・抱えているプロジェクトが多すぎる

を解決するために、PM(プロジェクト・マネージャー)は、モノづくり組織において必須で重要な地位を占めているという意見もあります。

ともあれ、ご意見いただきありがたく、今後のご活躍ご祈念申し上げます。
  • 2009/07/25 12:35
  • 平林久和
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。