Hisakazu Hirabayashi * Official Blog私はぶれていない、の愚かしさ

私はぶれていない、の愚かしさ

  • Day:2009.07.26 00:00
  • Cat:政治
ぶれる。

ぶれるというのは、もとからあった日本語ではなく、「振れる」が転じて「ぶれる」になったようだ。

ぶれるか、ぶれないか。
ぶれたか、ぶれてなかったか。


政治論議で「ぶれ」が、これほどクローズアップされるようになったのは、麻生総理大臣のいくつかの発言が発端で、それを追求する野党議員や記者たちが、またそれを増幅させたからだろう。

国会質疑で。
野党議員「総理、その考えはぶれていませんか?」
麻生総理「いいえ、私はぶれたとは思っておりません」

記者会見で。
新聞記者「総理、以前のご発言とぶれていませんか?」
麻生総理「私はぶれずに同じことを言ってきました」

総理大臣を「ぶれ」で攻撃してきた手前、野党の党首や議員も「私(たち)はぶれていない」を強調しながら、会見、メディアでの発言、演説などをする。

……というようなことを繰り返すうちに

ぶれる=悪。
ぶれない=善。


のような、非常に一元的な考えに、政治家もマスコミも、いつの間にか染まってしまったように思う。
愚かだ。

私が数回続けてエントリーしてきたプロデューサー論からしてみると、まるでお笑いである。
名プロデューサーは、前半戦と後半戦で激しく行動や発言がぶれる。
ぶれるどころか、正反対を向いてしまう。
そんな話を書いた。

しかし、どうだろう?
根底にある理想像――良いモノづくりをして、商業的に成功させる――において、名プロデューサーは、まったくぶれていないことに注目していただきたい。

ぶれない信念のようなものを持っていたならば、発言や行動が、ときにぶれるのは、よくあることである。そういうときには、「前に述べた言葉とは違うが、本来の目的に変わりはない」と、堂々と述べればいいだけのことである。

国家のプロデューサーたちは、それくらいの気概を持ってほしい。
一番恐いのは、表面の言葉がぶれるのを恐れ、信念が曲がり放題に曲がった政治が、まかり通ってしまうことだ。

日曜日。
衆議院選挙をテーマにした政治の話題が、ニュース番組を覆いつくすだろう。
今日だけではない、これから1か月以上も。

私は「私はぶれていない」と言った政治家は、物事の本質がわかっていないとみなし、心の中で減点することになるのだろう。

Comment

おはようございます。暑い日が続きますね。

さて、たとえばユルい会議では話が脱線することが
ありますよね。案外それがヒントやきっかけとなる
ことがありますがブレるというのはゴールに向かう
道がひとつではない、と良い意味でとっています。

わたしはブレない、ということは道がひとつしか
存在しないと仮定するような硬いアタマですよ、と
宣言しているのようなものですよね。
ゴールがブレてないことが大事なわけで、そこへ
向かう道や乗り物の話をしている人たちはそもそも
ブレるブレない以前に、ズレてる気がします。
  • 2009/07/27 09:22
  • あかみどり
  • URL
あかみどりさん、コメント、ありがとうございます
はい。
あかみどりさんのご意見に同感です。
道は広いのです。
道は多様なのです、よね。

私は本文でそこをすっ飛ばして、一元的か多元的か?(多元的=信念と現実)という話をしてしまいましたが、同じ一本道でも、良い「ぶれ」はあるものです。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。