Hisakazu Hirabayashi * Official Blog下記の記事のコメント

下記の記事のコメント

筆者の本文より冷静で、わかりやすいコメントをいただきました。
下記の記事のコメント欄をごらんになってください。

たまたさん、どうもありがとうございました。

そうなんです。
良識派がほとんどいないこと、それがショックでした。
昔は必ず制止する人がいて、論争のかたちになっていることもありましたが、非道派がほとんどです。
まさに「個人感情をいかなる言い回しでぶつけるか、という言葉合戦」という、ご指摘の通りかと思います。

FC2 Blog Ranking

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。