Hisakazu Hirabayashi * Official Blog民意は昨夜、午後9時14分に

民意は昨夜、午後9時14分に

東京都議選修了後、麻生太郎内閣総理大臣は、「衆議院は7月21日に解散。選挙は8月18日公示、8月30日投票・開票とする」と発表した。

この日、私と同じ世代の放送関係者たちは、「日本テレビはかわいそうだ、『24時間テレビ』と重なってしまって」……と誰もが同情気味に語っていた。

恒例の『24時間テレビ』だが、30日の夜、視聴率は選挙速報にとられてしまうだろう、という意味がそこには込められていた。

ところが。

選挙開票速報:日テレが26.4%で1位 「24時間テレビ」の余勢を駆って

 30日の衆院選の開票速報番組は、日本テレビが直前まで放送していた「24時間テレビ32」の余勢を駆って、午後9時からの「NNN総選挙特番ZERO×選挙2009」(第1部、午後10時半まで)の平均視聴率が26.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、NHKの24.7%をおさえて各局のトップを記録したことが分かった。番組内の最高視聴率は126.585キロのマラソンに挑戦したお笑い芸人のイモトアヤコさんがゴールした直後の午後9時14分で39.0%だった。

 その他の開票速報番組は、テレビ朝日「選挙ステーション2009」(第2部、午後10時)が12%、TBS「乱!総選挙2009」(第2部、午後9時半)が9.5%、フジテレビ「FNNスーパー選挙2009審判の日どこで誰が、未来を変えるのか?」(第2部、午後9時半)が8.5%だった。

*毎日jpより

……だった。
放送局、新聞社にいる古びたインテリたちは、「民主・圧勝」「議席300議席超」は的中させたが、「番組内の最高視聴率は126.585キロのマラソンに挑戦したお笑い芸人のイモトアヤコさんがゴールした直後の午後9時14分で39.0%だった」は、どんなマスコミ人も予想していなかったであろうと、推定できる。

今夕、今夜のニュースでは、「戦後初めての」とか、「140年間続いた官僚体制の」とか。
あるいは、「社民党とは閣外協力か、閣内協力か」とか、「組閣までのスケジュール」とか。

テレビで言えば報道局、新聞社で言えば政治部が、いかにもマスコミ的な祭りを開催して、今週いっぱい選挙ネタでひっぱるのだろう。

でも、「もうひとつの民意」は、昨夜の午後9時14分にあらわれている。

これって、誰が悪いの?
それとも、誰も悪くないの?

私、昨夜から政治の気分ではなくて、文学の気分である。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。