Hisakazu Hirabayashi * Official Blog仕事をしない人にとって、「無理」は便利だ

仕事をしない人にとって、「無理」は便利だ

  • Day:2009.09.20 22:00
  • Cat:言葉
無理。

昨日のエントリーの「無理」を英語に訳すと、impossibleに近いのではないか。
impossibleといえば、中学のときに習ったように、It is impossible~という言い回しがあって、これは状況を示していることになる。主語はItだ。

子どもたちの替え歌はともかく、ビジネスシーンで使われている「無理」。
これを、英語に通訳しようとすると、I can’t~になるのではないだろうか。

主語は「私」で、その「私」は何かが「できない」のだ。

なので、
私はできませんでした。
私にはできないのです。


……と本来ならば言うべきところを、日本人と日本語が大好き、主語曖昧、主張曖昧にしてしまって、「無理」になっているように思えてならない。

仕事をしない人にとって、「無理」は便利な言葉なのだ。きっと。
逆に仕事がしたい人にとって、「無理」は使ってはいけない、使われてもいけない、きっと危険な言葉なのだ。きっと。

amazonで「無理」という名の本を見つけたが、私の言いたいこととはまったく関係がなかった。

無理無理
(2009/09/29)
奥田 英朗

商品詳細を見る

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。