Hisakazu Hirabayashi * Official Blogご長寿クイズが嫌いでした

ご長寿クイズが嫌いでした

なんだか曜日と祝日と日付の関係が混乱しているが、今日は敬老の日だ。

敬老の日を、皆さんはどうやって過ごしてきたのかわからないが、私は子どものころ、祖父・祖母に手紙を書いた。厳密に言うと、母に言われて書かされた。文章力があるわけではないので、結びの言葉は毎年、「いつまでも、長生きしてください」だった記憶がある。

敬老精神?
こんなマジメなものではなかったかもしれないが、「お年寄りを大事にしなさい」は、いつも厳しく言われていた。

そんな昔のしつけのせいか、お年寄りの間違った答えを見て笑う、このクイズ、初めて観た時から、嫌悪感を覚えた。

よく、ゴールデンタイムで放映できたと思う。むしろ、人気コーナーになってしまったのは、司会者のキャラクターと演出が巧みだったからだろうか。そして、狡猾にも題名を「ご長寿」にしたのも、この番組を成立せしめた要因だろう。

でも、私はこれらの数々の演出に騙されずに、この番組が嫌いだった。それを笑って見ている人も嫌いだった。そして何より、視界に入って見てしまったとき、思わず笑ってしまう自分も嫌いだった。

下の動画は笑うためのものではない、悲しむためのものだ。

もし、私の祖父や祖母が生きていて、この番組に出演すると言ったら猛反対するが、この番組の出演者の家族は、「テレビに出られる」と喜んでいたのだろうか。


Comment

お久しぶりです。
お元気そうで何よりです。
この番組は、私も滅多に感じないくらいの憤りを感じる番組でした。
腹立たしさから、思わずコメントしてしまいました。
西森さま、コメント、ありがとうございます
まず、ブログの復活おめでとうございます。
また、ご挨拶が遅れましたことお詫びいたします。

西森様が8月にお書きになった

>(前略)時事に合わせての意見表明は、書いていて本人が面白くありません。本人が面白くないのですから、他人も面白くないでしょう。

>特に真剣に考えなくても、いくらでも書けるような内容では、自分自身の役にも立ちません。人は生きているだけで迷惑をかけているですから、何かをやるのであれば、少しでも役に立つことをしたいと思います。

……の気迫に押されるような、更新を楽しみにし、読むたびに学ばせていただいております。

http://nishimori.blog110.fc2.com/
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。