Hisakazu Hirabayashi * Official Blog文部科学省の方へ

文部科学省の方へ

下の「生きる力」の映像に対して、コメントをいただきました。
ハンドルネームは不良中年ですが、映像づくりについてはプロ中のプロの方です。
コメントとしてアップされてますが、僭越ながら、私が加筆修正してお読みいただきたいと思います。




発言内容はさておき、せっかくの新しい試みであるにもかかわらず、プロフェッショナルの目から見ると失敗作に見えてしまいます。

本当にもったいない。

予算の制約があるのはわかりますが「素人が撮っているな~」と思わせないためのテクニックをお教えいたします。

まず、後ろに窓がありますが、逆光の成分が入ってしまうので壁にします。

どんな明かり(照明)でもいいので、カメラ側から被写体に光りを当てます。

下手なズーミングを使わない。

手元に持っている資料は、別に撮ってインサートする。

Qさんの言う通りフィリップ(図)などをインサートするのもいいです。

視線が動くのがわかってしまうカンペではなくて、プロンプターを使用する。

しゃべりの構成は平林に任せる!これで、あなたも映像作家!




しゃべりの構成は、第一に、第二に……という指示語がかえって混乱を招いています。本当に三部構成ならそれでもいいのですが、その各部の下位ディレクトリーにまた「章」や「節」があるようで、話の親・子・孫を整理するのに負担がかかります。

そこで、不良中年さんや、Qさんのいうように、あらかじめ話を構造化するフリップをつけるか、話の内容を大幅に削ぐかになるわけですね。

次回の制作にお役立てください。

FC2 Blog Ranking

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。