Hisakazu Hirabayashi * Official Blog内際分離にこだわるのは青春らしくない

内際分離にこだわるのは青春らしくない

  • Day:2009.10.13 22:00
  • Cat:政治
前原誠司国土交通相が、羽田空港を国際ハブ(拠点)空港として整備し「羽田が国内便、成田が国際便」とすみ分ける原則も撤廃する考えを表明した。

案の定、大阪・橋本府知事は「関空もハブ空港にしたい」と国交相との会見後には不快感を表明し、成田市長も市民の生活が困るという狭い視野で反対し、元・青春スターの千葉県の森田健作知事は「共存共栄で頑張ろうというときに、冗談じゃない」と批判。近く前原国交相に真意をただしたいと述べているらしい。

ダメだ。特に森田健作。怒っている。
羽田空港を応援して、この日本を盛り上げようぜ! というのが青春ではないのか。
それに、理知的に考えて、今の羽田に滑走路が一本増えたくらいで、成田空港が不必要になるわけがない。羽田VS成田という構図をかなぐりすて、新しい日本の交通網の構築に寄与するのが、青春の心を持った知事の行動原理だろう。

国内線と国際線の空港を分ける「内際分離」などという、どんなに日本語が堪能な外国人であっても、ワタシ、イミ、ワカリマセンな言語と論理は、過去の遺物であって、お役所同士の決め事であって、現在の利用者の目線からはずれている。

私は過去にこんなエントリーをしたことがあるが、外国人が日本に来たときに成田から羽田にリムジンバスに乗って、他の地方都市へと乗り継ぐ。「なんだ、この国?」と怪訝な顔をされない航空行政をしてほしいのだ。

前原国交相はとてつもない偉業をなしとげたわけではない。というか、まだ何もしていない。
ただ、利用者が思う当たり前のことを言ったにすぎないのだと思うが、それが地方自治体の長から、大きな反発を招いていることに、変わることを嫌がる日本を感じるのだ。

利権空港―窓際の狼・舘脇一輝 (カッパ・ノベルス)
関西国際空港建設にからむ利権を構造を描いた小説がある。小説だが、空港建設にいかに企業が費用がかかるかがよくわかる。なぜ、この小説の記憶が残っているかというと、関空内の書店で買った書物だからだ。なんとも皮肉なことに。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。