Hisakazu Hirabayashi * Official Blogスーパーゲームボーイが生まれるとしたら?

スーパーゲームボーイが生まれるとしたら?

私は考えた。
任天堂の次世代携帯ゲーム機は、どんなものになるのかと。

ニンテンドーDS2と仮に呼んでみたが、私はDS(Dual Screen)に惑わされてはいけないと思うようになったのだ。

言うまでもなく、ニンテンドーDS、ニンテンドーDSiは世界記録をつくったほどの、大ヒットゲーム機だ。この製品は、完全な仕様であったために成功したように思い込んでしまう。

だが、約5年まえまでタイムマシンで戻る。
ニンテンドーDSのタッチペン入力は良かった。
触っただけで気持ちよかった。
画面が2つあることも可能性を感じさせた。

だが、気になったのは2画面にすき間があることだった。違和感があった。しかたないことだが、もったいないと思った。

大きな映像を映すことができるのに、そこに物理的な蝶番(ちょうつがい)のような折りたたみ部が、どうしても視界の邪魔をしてしまう。

特に初期モデルでは、上画面と下画面に段差があったので余計に目立った。現行のニンテンドーDSiでは、この段差を改善しているが。しかしながら、画面と画面が寸断されていることに変わりはないのだ。したがって、下の写真、 『ラブプラス』の映像を使わせていただいたが、姉ヶ崎寧々(あねがさき・ねね)からラブレターをもらう夢を大写しで観ることができない。

sukima.jpg

というわけなので、任天堂の次世代携帯ゲーム機は、DSの発展形というように2画面にこだわらず、「スーパーゲームボーイが生まれるとしたら?」と、思考のアングルを微調整したほうがよいように思った。

スーパーゲームボーイというのは、スゴイ携帯ゲーム機の意味だ。
まず、スゴイがありき。
そのあとに、画面をひとつにも、ふたつにも、縦にも横にもアレンジして使えるようなモノになるのではなかろうか。というのが、現時点での私の勝手な予測だ。


ラブプラス公式ガイド (KONAMI OFFICIAL BOOKS)ラブプラス公式ガイド (KONAMI OFFICIAL BOOKS)
(2009/09/30)
コナミデジタルエンタテインメント

商品詳細を見る

Comment

ライムグリーンで寧々さんで
まるで,私のDSじゃないですか。
そうですよね。DSの限界を感じて,悶え苦しみますよね。

“蝶番”なくしてほしいです。
そうなると,電子ペーパーのような素材を使うとか?
絵巻物とか(笑)。

  • 2009/10/16 03:18
  • redtail2733
  • URL
  • Edit
redtail2733さん、コメント、ありがとうございます
まさか、ハードのカラーと寧々さんまで一緒とは(笑)
Dual Screenが特長です、とはもういえない。
Dual Screenにもできますの方向かなと思ってますが。
わかりません。
そうだ、バイトに行かなくちゃ。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2013/09/25 19:02
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。