Hisakazu Hirabayashi * Official BlogなるほどTweetplanetはおもしろい

なるほどTweetplanetはおもしろい

ゲーム業界、放送業界、出版業界、映画業界。
この数年間、ずっと叫ばれてきたことは「時間の奪い合い」だった。

いいものをつくれば売れると信じる現場の人よりも、一歩引いてマクロな視点で見るトップマネジメントに近い人たちから、よく聞かされた話だ。

ユーザーはけっして消費する意欲がないわけではない。
ユーザーはけっして消費する金銭がないわけではない。

だが、意欲や金銭はあっても時間は有限で、誰においても1日は24時間でしかない。
その限られた時間を、各コンテンツ産業が奪い合っている、という至極まっとうな論法だ。

だが、赤尾先生のブログで紹介されていたTweetplanetで中継を観ながら応援するのはエキサイティングだった。
試合前から「こわい映画観るより、ドキドキする」なんてつぶやきが入る。

東野に打球が当たるアクシデント、どちらかの球団にチャンスが来ようものなら、大量にコメントが流れる。

実況せんかいゴルァ!@やきうchも平行して観察していたが、やはり雰囲気が違う。言うまでもなく、匿名と非匿名の違いが明らかに出ている。

Tweetplanetが儲かっているかどうか。
採算はとれていないだろう。

でも、コンテンツ産業にかかわる者は、「時間の奪い合い」というゼロサムゲームのない話をしないで、「時間の混ざり合い」「時間の重ね合い」「時間の分け合い」を考えれば、新しいサービスとビジネスが生まれる予感がしたのだ。

日本シリーズをもう1試合、観たかった。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。