Hisakazu Hirabayashi * Official Blog就職活動の話-ハウトゥ対哲学

就職活動の話-ハウトゥ対哲学

  • Day:2009.11.30 00:20
  • Cat:働く
本日の授業では就職活動についての話をする予定です。
ハウトゥ講座ではありません。

私が最も好きでない就職活動のハウトゥは、面接の時、左右の中指をズボンの横の折り目に当てて、そのまま手を下ろして、腰を45度曲げて挨拶しましょうです。

新入社員の方、中途採用の方。採用面接を何度も行ってきた(おそらく1000人以上)私ではありますが、「あ、中指がずれているっ!」なんて気にしたこともありません。意味ないと思うけど、面接の項略本などには、よく書かれています。意味ないのに。

というわけで、就職活動をするうえで、考えてほしいこと。
「なぜ、働くのか?」を改めて考えてほしいのです。
正解があるわけではないけど考えましょう……のワークショップ。

ワークショップというと固いかな。もっとカジュアルな「考える」のトレーニングです。
基本は池田昌子さんの名著、『14歳からの哲学』を参考にします。

14sai.jpg

気が変わったら、「寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか」の話をするかもしれません。少なくとも、中指をズボンの横の折り目、よりも楽しい話をします。あと、秘密兵器も用意していますので、お楽しみに。


14歳からの哲学 考えるための教科書14歳からの哲学 考えるための教科書
(2003/03/20)
池田 晶子

商品詳細を見る



14歳の君へ―どう考えどう生きるか14歳の君へ―どう考えどう生きるか
(2006/12/23)
池田 晶子

商品詳細を見る

Comment

自分は、何となく授業を受けつつも、所々に「ためになるな」と感じています。
最近「働く」や「就職」のことについての授業をしていますが、平林さんの今の職業のやりがい、もしくは「この仕事をしていて良かったな」と感じる時はどんな時でしょうか?
今、自分は就職や将来についていろいろ悩んでいるので、人生の先輩から意見をもらえると幸いです。
  • 2009/11/30 23:38
  • 烏龍ティー
  • URL
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2009/12/01 08:40
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。