Hisakazu Hirabayashi * Official Blog生物学的に?地理的に?政治的に?

生物学的に?地理的に?政治的に?

  • Day:2009.12.19 01:36
  • Cat:世界
今日はスペイン人のホームパーティに招待されている。

……そのパーティのことを書きたいのではなくて、書きたいのは「人」についてだ。
私は昔、外国人のことをアメリカ人、イタリア人、オーストラリア人、ドイツ人と平気で呼んでいた。
この調子で、あるフランス人の友人に、「あなたではなく、一般的なフランス人はどういう考えを持っているのですか?」と質問した時に、困った顔をされた。

「ヒラバヤシさん、そのフランス人は、生物学的にですか、地理的にですか、政治的にですか?」

最初、聞いたときには何を言われているのか、さっぱりわからなかった。
友人は説明してくれた。
「生物学的に」というのは、人種のことを指す。髪の毛や目の色といった人間を動物として見た場合の特徴だ。
「地理的に」というのは、フランスならばフランス、その地に居住している人のことを指す。
「政治的に」というのは、国際的に認められた領土のことを指す。

この3つを厳密に定義しないと、何をもってフランス人とするのか、「曖昧で答えられない」というのだ。
有名なサッカー選手、ジネディーヌ・ジダン。彼は生物学的にはアルジェリア移民二世でベルベル系のカビル人だ。だが、地理的にはマルセイユ育ちで、現在もフランス(正式名称:フランス共和国)に在住、フランス国籍を有している。政治的に見てもフランス人というわけだ。

彼いわく、「すべての家庭がそうしているかどうかはわからないが、私は小学生の頃から『○○○人』と言うと、親から、それは『生物学的に?』『地理的に?』『政治的に?』と尋ねられ、答えが曖昧だといさめられた」という。

この逸話は、そのまま彼から私への助言でもあった。
安易に○○○人と呼ばないほうがよい、という貴重な助言。

世界にはいろいろな人種がいて、それぞれが混血して、居住地を変えて、フランスがまさに典型だが、フランス領ニューカレドニア、フランス領ギアナのように領地を持っている国もある。不幸にも政治的に分断・統合されてしまった国も多くある。

こうした価値観を吹っ飛ばして、島国根性丸出しで○○○人と呼ぶことは恥ずかしく思え、よほどのことがない限り使わないようになったのだ。今日の冒頭の文は、特例なのです。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。