Hisakazu Hirabayashi * Official Blog寿と厳と

寿と厳と

三が日の最終日。
3日に仕事場にやってきて、いただいた年賀状を読んでおりました。


この文字が多かったですね。

「今年は厳しい一年になりそうですが、頑張ります」
「業界は一層厳しさを増しますが、持ち前の楽天性で乗り越えます」

こんな添え書きをなさる方が多いのです。
2009年「今年の漢字」は新でしたっけ。
なのに年を明けてみたら、厳が……。

年賀状ですから、寿と大きく書かれた文字の近くにのは、まるで結婚披露宴の司会で祝電というべきところを弔電と言ってしまった、私の失敗談のようです。(←実話です)

でも、ですね。
私がいわゆる社会人になって25年、独立して19年を迎えて、つくづく思うことなのですが、元旦、あるいは仕事始めの日に予測したことが、そのまま当たるなんてことは、まずない。

予想外のことが必ず起きるのです。
早ければ春。
遅くても夏には。

一年の計は元旦にあり。
この諺は正しいのかもしれません。

ですが現実には「計」の通りにはならない。
ゲーム業界限定ネタの話をすると、今年は過去と違うパターンのハード発売があるでしょう。
それは、歴史の見たことのない未来かもしれません。

なので、「計」の通りにならなかった後、その次の変化に対応する反射神経が大事な一年になるのかななどと、矛盾いたしますが「計」を立てています。

今年は三が日が終わって、4日からいきなり仕事始めの企業が多いようです。
無粋ですね。
暦も。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。