Hisakazu Hirabayashi * Official Blog今年も初詣、渋谷・金王八幡宮

今年も初詣、渋谷・金王八幡宮

  • Day:2010.01.06 00:00
  • Cat:私…

初詣に金王神社(「こんのう」と読みます/正式名称は金王八幡宮)に行ってきました。

渋谷エリアで事務所を構えさせていただいて、17年が経ちましたが、初詣は毎年、この神社を訪れています。事務所の小さな神棚にまつらせていただいているお札も、厄年のお祓いも、すべてこの神社のお世話になっています。

この神社に思い入れがあるわけ。
金王神社は若い頃によく読んだ安藤組に関する本に、よく登場するからです。

『疵(きず)―花形敬とその時代 』(本田靖春)、『小説安藤組』(大下英治)、『修羅場の人間学―実録・安藤組外伝』(森田雅) など。作家・安部譲二が所属していたのは、まさに渋谷の安藤組で、したがって氏の小説やエッセイには、たびたび金王神社が描写されています。

20歳代の後半、私は安藤組オタクでした。
血気盛んな若者たちが集まり、他者から白い眼で見られようとも、それぞれが持つ「力」だけで戦っていく。時代の寵児たち。若くしてつかんだ相応の権力。裏腹に抱え込んでしまったリスク。安藤組が持つ特徴は、勢いづく、当時のテレビゲームやコンピュータ産業のようでした。ちなみに、ライブドアの前身、オン・ザ・エッジ社は、金王神社のすぐとなりにオフィスを構えていました。

安藤組はインテリヤクザの代名詞でした。大学卒のヤクザが多かったという、そのままの意味以上に、この組織は世に言う暴力団なのだろうけど、たまらなく文学的で、実際、文学の題材になったばかりではなく、文士さえ何人も輩出した安藤組が持つ、野性と知性の共存に底知れぬ興味を持った頃があったのです。

ですから28歳の時、渋谷界隈に事務所でも持とうものなら、もう心は安藤組で、初詣といえば金王神社に行く以外が考えもしませんでした。その習慣が今でも続いているわけです。


……と書いたのは去年でした。数年前にも同じようなことを書いています。
取り柄がなくて、すみません。
1月5日に金王神社に初詣に行く習慣は変わらないのです。
あまり、他の神社のことを悪くいうと、バチが当たりそうですが、渋谷氷川神社が最古の神社とされています。

この神社を訪れる地元の方も多いのですが、「氷の川よりも、金の王だろう」の縁をかついで金王神社にお詣りに行く、という気持ちもあります。初詣だけではなく、毎月1日と15日には神棚に榊をお供えしています。御札を買ったら、巫女さんから「良いお年を」と言われて気持ち良かった。


本日の追加情報はこちらに[Today's addition]

konnoujinja_mon.jpg

疵―花形敬とその時代 (ちくま文庫)疵―花形敬とその時代 (ちくま文庫)
(2009/08/10)
本田 靖春

商品詳細を見る

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。