Hisakazu Hirabayashi * Official Blogコンピュータの新しい使い道×欲望=ゲーム産業

コンピュータの新しい使い道×欲望=ゲーム産業

Twitterでリンクしていただき、それが複数名の方に広がり、このエントリーにアクセス数が多かった。学生の方たちの関心が高かったのかと思われる。

ようは、視野を広げようと言っているだけだが、では、どうしたらいいのか?
ゲーム産業とは何か?
改めて考えてみよう。

任天堂がWiiとニンテンドーDSを出し、ソニー・コンピュータエンタテインメントが、プレイステーション3とPSPを出し、マイクロソフトがXbox360を出している産業?

それにゲームセンターにおかれたアーケードゲームがあり、PCで遊ぶオンラインゲームもあり、最近では携帯電話で遊ぶアプリケーションもある。この分野で、就職をするとしたら、スクウェア・エニックス、カプコン、コナミ、セガ……などがある、って細かく分解していくのは、やめよう。

頭脳をストレッチしよう。
野球でいえばストライクゾーンを広くしよう。

ゲーム産業は、新しいコンピュータの使い道を発見したから生まれたという歴史の見方をしたら、また違った発想が生まれてくるのではないだろうか?

コンピュータは、はじめ戦争で勝つためにつくられた装置だった。
正確に爆弾を投下するためには、性能のよい計算機が必要だった。
ここには「勝ちたい」という欲望がある。

次にコンピュータは、企業が導入した。
仕事を効率よく進めるためには、コンピュータはとても便利な装置だ。
ここには「儲けたい」という欲望が働いている。

さて、

そんなコンピュータだが、戦争のような物騒な使い道ではなく、企業の給与計算のような単調な使い道ではなく、遊びに使ってしまおうとした人たちがいた。



上の映像は1962年にマサチューセッツ工科大学(略装MIT)でつくられたコンピュータゲームだ。タイトルは『Space War!』。当時は趣味としてつくられていたが、それを産業にしたのが、アタリという会社だ。下の映像はアタリの『PONG』(ポン)。日本ではテニスゲームと呼ばれて流行した、最初のアーケードゲームだ。



コンピュータゲームが生まれたわけ。
そこには「勝ちたい」「儲けたい」と同様に、人間の「遊びたい」という自然な欲望が働いている。
すなわち、ゲーム産業とは、人間の欲望を満たすためにコンピュータの新しい使い道を発見した産業、とも言えるのだ。

そう考えると、視界は広がってこないかなぁ。
まだ誰も考えついていないような楽しいコンピュータの使い道。

何が答えかはわからないが、ないわけがない、ということだけは断言できる。
人間の欲望はどこに?
コンピュータの新しい使い道はどこに?

さあ、楽しみながら悩もう。


本日の追加情報はこちらに[Today's addition]

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。